テロメラーゼ

信号経路図

研究分野

  • 阻害剤の選択性比較
  • 溶解度
カタログ番号 製品カタログ 溶解度(25°C)
DMSO アルコール
S1186 BIBR 1532 <1 mg/mL 66 mg/mL 3 mg/mL
S1319 Costunolide <1 mg/mL 47 mg/mL 1 mg/mL
S2250 (-)-Epigallocatechin Gallate 23 mg/mL 72 mg/mL 83 mg/mL
S8118 RHPS 4 methosulfate <1 mg/mL 91 mg/mL <1 mg/mL
製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S1186

BIBR 1532

BIBR 1532は一種の有効で、選択性的で、非競争性的なテロメラーゼ(telomerase)阻害剤で、無細胞試験でこのIC50値が100 nMですが、IC50の濃度を非常に超える範囲で、DNAとRNAポリメラーゼ(HIV逆転写酵素を含める)に抑制作用を表しません。

S1319

Costunolide

Costunolideは一種の天然なセスキテルペン(sesquiterpene)化合物ですが、多種の生物活性をしていて、FPTaseを抑制する時のIC50値が20μMになって、テロメラーゼを抑制する時のIC50値が65-90μMになります。

S2250

(-)-Epigallocatechin Gallate

(-)-Epigallocatechin gallate is a potent anti-oxidant polyphenol flavonoid isolated from green tea.

S8118

RHPS 4 methosulfate

RHPS4はサブマイクロモル(submicromolar)で一種の有効なテロメラーゼです。

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S1186

BIBR 1532

BIBR 1532は一種の有効で、選択性的で、非競争性的なテロメラーゼ(telomerase)阻害剤で、無細胞試験でこのIC50値が100 nMですが、IC50の濃度を非常に超える範囲で、DNAとRNAポリメラーゼ(HIV逆転写酵素を含める)に抑制作用を表しません。

S1319

Costunolide

Costunolideは一種の天然なセスキテルペン(sesquiterpene)化合物ですが、多種の生物活性をしていて、FPTaseを抑制する時のIC50値が20μMになって、テロメラーゼを抑制する時のIC50値が65-90μMになります。

S2250

(-)-Epigallocatechin Gallate

(-)-Epigallocatechin gallate is a potent anti-oxidant polyphenol flavonoid isolated from green tea.

S8118

RHPS 4 methosulfate

RHPS4はサブマイクロモル(submicromolar)で一種の有効なテロメラーゼです。