Hesperidin

製品コードS2309 別名:Cirantin

Hesperidin化学構造

分子量(MW):610.56

Hesperidin is a flavanone glycoside found abundantly in citrus fruits.

サイズ 価格 在庫  
JPY 15838.68 あり
JPY 12670.94 あり
JPY 21310.22 あり
JPY 37436.87 あり

製品安全説明書

生物活性

製品説明 Hesperidin is a flavanone glycoside found abundantly in citrus fruits.

お薦めの試験操作(参考用のみ)

参考

溶解度 (25°C)

体外 DMSO 100 mg/mL (163.78 mM)
Water Insoluble
Ethanol Insoluble

* 溶解度検測はSelleck技術部門によって行いますので、文献より提供された溶解度と差異がある可能性がありますが、生産工芸と不同ロット(lot)で起きる正常な現象ですから、ご安心ください。

化学情報

分子量 610.56
化学式

C28H34O15

CAS No. 520-26-3
保管
in solvent
別名 Cirantin

便利ツール

モル濃度計算器

モル濃度計算器

解決のために必要とされるマス、ボリュームまたは濃度を計算してください。

マス (g) = 濃度 (mol/L) x ボリューム (L) x 分子量 (g/mol)

モル濃度計算器方程式

  • マス
    濃度
    ボリューム
    分子量

*貯蔵液を準備するとき、常に、オンであるとわかる製品のバッチに特有の分子量を使って、を通してラベルとMSDS/COA(製品ページで利用可能な)。

希釈計算器

希釈計算器

貯蔵液を準備することを要求される希釈剤を計算してください. セレック希釈計算器は、以下の方程式に基づきます:

開始濃度 x 開始体積 = 最終濃度 x 最終体積

希釈の計算式

この方程式は、一般に略語を使われます:C1V1 = C2V2 ( 輸入 輸出 )

  • C1
    V1
    C2
    V2

常に貯蔵液を準備するとき、小びんラベルとMSDS/COA(オンラインで利用できる)で見つかる製品のバッチに特有の分子量を使ってください。

連続希釈計算器方程式

  • 連続希釈剤

  • 計算結果

  • C1=C0/X C1: LOG(C1):
    C2=C1/X C2: LOG(C2):
    C3=C2/X C3: LOG(C3):
    C4=C3/X C4: LOG(C4):
    C5=C4/X C5: LOG(C5):
    C6=C5/X C6: LOG(C6):
    C7=C6/X C7: LOG(C7):
    C8=C7/X C8: LOG(C8):
分子量計算器

分子量计算器

そのモル質量と元素組成を計算するために、合成物の化学式を入力してください:

総分子量:g/mol

チップス: 化学式は大文字と小文字の区別ができます。C10H16N2O2 c10h16n2o2

モル濃度計算器

マス 濃度 ボリューム 分子量

臨床試験

NCT Number Recruitment Conditions Sponsor/Collaborators Start Date Phases
NCT02927483 Not yet recruiting Chronic Venous Insufficiency SunWave Pharma|Opera Contract Research Organization SRL November 2016 Phase 3
NCT01773486 Withdrawn Obesity|Insulin Resistance University of Maryland June 2015 Phase 2
NCT02610491 Completed Metabolic Syndrome|Obesity Maastricht University Medical Center February 2015 Phase 2
NCT01477281 Unknown status Chronic Venous Insufficiency|Disease Laboratório Teuto Brasileiro S/A February 2012 Phase 3
NCT01881204 Completed Osteoporosis, Postmenopausal Purdue University|Nestec Ltd. April 2011 --
NCT00914251 Unknown status Endothelial Dysfunction|Metabolic Syndrome University of Rome Tor Vergata November 2008 Phase 2

技術サポート

ストックの作り方、阻害剤の保管する方法、細胞実験や動物実験に注意すべきな点を全部含めており、製品を取扱う時よくあった質問に対して取扱説明書でお答えいたします。

Handling Instructions

他の質問がある場合は、お気軽くお問合せください。

  • * 必須

相関Others製品

Tags: Hesperidinを買う | Hesperidin ic50 | Hesperidin供給者 | Hesperidinを購入する | Hesperidin費用 | Hesperidin生産者 | オーダーHesperidin | Hesperidin化学構造 | Hesperidin分子量 | Hesperidin代理店
×
細胞株 試験類型 濃度 培養時間 溶剤類型 活性叙述 PMID