Chk

信号経路図

研究分野

  • 阻害剤の選択性比較
  • 溶解度
カタログ番号 製品カタログ 溶解度(25°C)
DMSO アルコール
S1532 AZD7762 <1 mg/mL 50 mg/mL <1 mg/mL
S2626 LY2603618 <1 mg/mL 13 mg/mL <1 mg/mL
S2735 MK-8776 (SCH 900776) <1 mg/mL 3 mg/mL <1 mg/mL
S2683 CHIR-124 <1 mg/mL 7 mg/mL <1 mg/mL
S2904 PF-477736 <1 mg/mL 6 mg/mL <1 mg/mL
S8632 Chk2 Inhibitor II (BML-277) <1 mg/mL 72 mg/mL 21 mg/mL
S7178 Prexasertib (LY2606368) <1 mg/mL 2 mg/mL <1 mg/mL
S8253 CCT245737 <1 mg/mL 75 mg/mL 9 mg/mL
S7740 SAR-020106 <1 mg/mL 20 mg/mL 2 mg/mL

亜型選択性的な製品

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S1532

AZD7762

AZD7762は一種の有効で、選択性的なChk1阻害剤で、無細胞試験でIC50値が5nMですが、Chk2に作用することも有効になって、CAM、Yes、Fyn、Lyn、HckとLckに作用する効果が少し弱いです。臨床1期。

S2626

LY2603618

LY2603618は一種の選択性的な阻害剤ですが、無細胞試験で潜在な抗腫瘍活性をしています。臨床2期。

S2735

MK-8776 (SCH 900776)

MK-8776 (SCH 900776)は一種の選択性的なChk1阻害剤で、無細胞試験でIC50値が3nMですが、Chk1に作用する選択性はChk2に作用する選択性より500倍が高くなります。臨床2期。

S2683

CHIR-124

CHIR-124は一種の新たで、有効なChk1阻害剤で、無細胞試験でIC50値が0.3nMですが、Chk1に作用する選択性はChk2に作用する選択性より2000倍が高くなって、Chk1に作用する活性はCDK2/4とCdc2に作用する活性より500倍-5000倍が高くなります。

S2904

PF-477736

PF-477736は一種の有効で、選択性的で、ATP競争性的なChk1阻害剤で、無細胞試験でKi値が0.49nMですが、VEGFR2、Aurora-A、FGFR3、Flt3、Fms (CSF1R)、RetとYesも抑制して、Chk1に作用する選択性はChk2に作用する選択性より約100倍が高くなります。臨床1期。

S8632

Chk2 Inhibitor II (BML-277)

S7178

Prexasertib (LY2606368)

S8253

CCT245737

S7740

SAR-020106

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
A5004

Chk1 Rabbit Recombinant mAb

Tags: Checkpoint activation | Checkpoint kinase | Checkpoint function | Checkpoint activity | Chk1 phosphorylation | Checkpoint pathway | Chk1 pathway | Chk2 pathway | Chk2 phosphorylation | Chk1 inhibitor clinical trial | Chk1 inhibition | Chk1 activation | Chk2 activation | Chk1 assay | Chk inhibitors review