Mdm2

信号経路図

研究分野

  • 阻害剤の選択性比較
  • 溶解度
カタログ番号 製品カタログ 溶解度(25°C)
DMSO アルコール
S1061 Nutlin-3 <1 mg/mL 100 mg/mL 30 mg/mL
S2678 NSC 207895 <1 mg/mL 0.4 mg/mL <1 mg/mL
S8059 Nutlin-3a <1 mg/mL 100 mg/mL 100 mg/mL
S8065 Nutlin-3b <1 mg/mL 100 mg/mL 100 mg/mL
S7030 RG-7112 <1 mg/mL 100 mg/mL 100 mg/mL
S8403 MX69 <1 mg/mL 95 mg/mL 41 mg/mL
S7875 NVP-CGM097 <1 mg/mL 65 mg/mL 65 mg/mL
S7649 MI-773 (SAR405838) <1 mg/mL 100 mg/mL 31 mg/mL
S7205 Idasanutlin (RG-7388) <1 mg/mL 100 mg/mL 8 mg/mL
S7489 YH239-EE <1 mg/mL 100 mg/mL 18 mg/mL
S2341 (-)-Parthenolide <1 mg/mL 49 mg/mL 49 mg/mL

亜型選択性的な製品

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S1061

Nutlin-3

Nutlin-3は一種の有効で、選択性的なMdm2 (自身とp53に対するRING finger-dependent ubiquitin protein ligase) 拮抗剤で、無細胞試験でIC50値が90 nMですが、p53欠陥細胞中のp73を安定させられます。

S2678

NSC 207895

NSC 207895はMDMXを抑制する時のIC50値が2.5μMです。NSC 207895はp53安定/活性化とDNA損傷を促進して、MDM2(E3リガーゼ)も調節します。

S8059

Nutlin-3a

Nutlin-3aはNutlin-3の活性エナンチオマー( enantiomer )で、p53/MDM2相互作用を抑制することですが、無細胞試験でIC50値が90 nMです。

S8065

Nutlin-3b

Nutlin-3bは一種のp53/MDM2拮抗剤或いは阻害剤で、IC50値が13.6μMです。Nutlin-3bはNutlin-3の(+)-エナンチオマーに作用する効果はNutlin-3a(-)-エナンチオマーに作用する効果より150倍が低くなります。

S7030

RG-7112

RG7112 (RO5045337)は一種の経口生物利用可能で、選択性的な p53-MDM2阻害剤です。臨床1期。

S8403

MX69

MX69は一種のMDM2/XIAP阻害剤で、癌症に使用されることです。

S7875

NVP-CGM097

S7649

MI-773 (SAR405838)

MI-773 (SAR405838)は一種の経口生物利用可能なMDM2拮抗剤で、Ki値が0.88 nMです。臨床1期。

S7205

Idasanutlin (RG-7388)

Idasanutlin (RG-7388)は一種の有効で、選択性的なp53-MDM2阻害剤で、IC50値が6 nMです。

S7489

YH239-EE

YH239-EEはYH239エチルエステル( ethyl ester)で、一種の有効な p53-MDM2拮抗剤とアポトーシス誘導剤です。

S2341

(-)-Parthenolide

(-)-Parthenolideは一種のセスキテルペンラクトン(sesquiterpene lactone)ですが、植物feverfew (Tanacetum parthenium)に存在して、MDM2のユビキチン化(ubiquitination)を促進して、p53細胞の功能を作動させます。