PERK

  • 阻害剤の選択性比較
  • 溶解度
カタログ番号 製品カタログ 溶解度(25°C)
DMSO アルコール
S2923 Salubrinal <1 mg/mL 95 mg/mL 2 mg/mL
S7307 GSK2606414 <1 mg/mL 90 mg/mL 19 mg/mL
S7033 GSK2656157 <1 mg/mL 32 mg/mL <1 mg/mL
S7400 ISRIB (trans-isomer) <1 mg/mL 4 mg/mL <1 mg/mL
製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S2923

Salubrinal

Salubrinalは一種の選択性的なeIF2α脱リン酸化阻害剤ですし、ERストレスが媒介したアポトーシスを抑制できて、無細胞試験でEC50値が15μMになります。

S7307

GSK2606414

GSK2606414は一種の経口生物利用可能で、有効で、選択性的なPERK阻害剤で、IC50値が0.4 nMですが、PERKに作用する選択性は他のEIF2AKsに作用する選択性よりせめて100倍が高くなります。

S7033

GSK2656157

GSK2656157は一種のATP競争性的で、高度選択性的なPERK阻害剤で、無細胞試験でIC50値が0.9 nMですが、PERKに作用する選択性は一組の300種キナーゼに作用する選択性より500倍余りが高くなります。

S7400

ISRIB (trans-isomer)

ISRIB (trans-isomer)はトランス異性体ISRIBで、一種の有効で、選択性的なPERK阻害剤で、IC50値が5 nMです。

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S2923

Salubrinal

Salubrinalは一種の選択性的なeIF2α脱リン酸化阻害剤ですし、ERストレスが媒介したアポトーシスを抑制できて、無細胞試験でEC50値が15μMになります。

S7307

GSK2606414

GSK2606414は一種の経口生物利用可能で、有効で、選択性的なPERK阻害剤で、IC50値が0.4 nMですが、PERKに作用する選択性は他のEIF2AKsに作用する選択性よりせめて100倍が高くなります。

S7033

GSK2656157

GSK2656157は一種のATP競争性的で、高度選択性的なPERK阻害剤で、無細胞試験でIC50値が0.9 nMですが、PERKに作用する選択性は一組の300種キナーゼに作用する選択性より500倍余りが高くなります。

S7400

ISRIB (trans-isomer)

ISRIB (trans-isomer)はトランス異性体ISRIBで、一種の有効で、選択性的なPERK阻害剤で、IC50値が5 nMです。