DNA-PK

信号経路図

研究分野

  • 阻害剤の選択性比較
  • 溶解度
カタログ番号 製品カタログ 溶解度(25°C)
DMSO アルコール
S1038 PI-103 <1 mg/mL 24 mg/mL <1 mg/mL
S2638 NU7441 (KU-57788) <1 mg/mL 4 mg/mL <1 mg/mL
S1205 PIK-75 <1 mg/mL 4 mg/mL <1 mg/mL
S2893 NU7026 <1 mg/mL 1 mg/mL <1 mg/mL
S2622 PP121 <1 mg/mL 64 mg/mL 2 mg/mL
S8589 SF2523 <1 mg/mL 29 mg/mL 7 mg/mL
S8427 LTURM34 <1 mg/mL 82 mg/mL 4 mg/mL
S8379 YU238259 <1 mg/mL 91 mg/mL <1 mg/mL
S7891 CC-115 <1 mg/mL 67 mg/mL <1 mg/mL
S8045 KU-0060648 <1 mg/mL 0.4 mg/mL <1 mg/mL
S8322 LY3023414 <1 mg/mL 47 mg/mL 61 mg/mL
製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S1038

PI-103

PI-103は一種の多ターゲットPI3K阻害剤で、無細胞試験でp110α/β/δ/γに作用する時のIC50値は2 nM/3 nM/3 nM/15 nMです。PI-103はmTOR/DNA-PKに作用する効果が弱くて、このIC50値が30 nM/23 nMになります。

S2638

NU7441 (KU-57788)

NU7441 (KU-57788)は一種の高度有効的で、選択性的なDNA-PK阻害剤で、無細胞試験でIC50値が14 nMになって、PI3Kも抑制して、このIC50値が5μMになります。

S1205

PIK-75

PIK-75は1種のp110α阻害剤で、このIC50値が5.8 nM です。PIK-75はp110αに作用する効果がp110βに作用する効果より200倍が高くなります。PIK-75はSer773でアイソフォーム特異性突然変異で、DNA-PKを有効に抑制します。無細胞試験でこのIC50値が2 nMです。

S2893

NU7026

NU7026は一種の有効なDNA-PK阻害剤で、無細胞試験でIC50値が0.23 μMになって、DNA-PKに作用する選択性がPI3Kに作用する選択性より60倍高くなって、ATMとATRに阻害作用を表しません。

S2622

PP121

PP-121は一種のPDGFR、Hck、mTOR、VEGFR2、SrcとAblを作用する多ターゲット阻害剤で、IC50値が2 nM、8 nM、10 nM、12 nM、14 nMと18 nMそれぞれに分かれて、DNA-PKも抑制し、このIC50値が60 nMになります。

S8589

SF2523

S8427

LTURM34

S8379

YU238259

S7891

CC-115

CC-115は一種のDNA依頼性のタンパク質キナーゼ(DNA-PK)と哺乳動物ラパマイシン(mTOR)ターゲットの二重阻害剤ですが、潜在な抗腫瘍活性を持っています。

S8045

KU-0060648

KU-0060648は一種のDNA-PKと PI3Kα/β/δ の二重阻害剤で、IC50値が8.6 nMと4 nM/0.5 nM/0.1 nMそれぞれ分かれて、PI3Kγにの抑制作用が少し弱くて、このIC50値が0.59 μMになります。

S8322

LY3023414

(実験動物にとって)LY3023414は1種のATP競争性の経口阻害剤です。I類PI3K亜型、mTOR和DNA-PKを抑制します。

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S1038

PI-103

PI-103は一種の多ターゲットPI3K阻害剤で、無細胞試験でp110α/β/δ/γに作用する時のIC50値は2 nM/3 nM/3 nM/15 nMです。PI-103はmTOR/DNA-PKに作用する効果が弱くて、このIC50値が30 nM/23 nMになります。

S2638

NU7441 (KU-57788)

NU7441 (KU-57788)は一種の高度有効的で、選択性的なDNA-PK阻害剤で、無細胞試験でIC50値が14 nMになって、PI3Kも抑制して、このIC50値が5μMになります。

S1205

PIK-75

PIK-75は1種のp110α阻害剤で、このIC50値が5.8 nM です。PIK-75はp110αに作用する効果がp110βに作用する効果より200倍が高くなります。PIK-75はSer773でアイソフォーム特異性突然変異で、DNA-PKを有効に抑制します。無細胞試験でこのIC50値が2 nMです。

S2893

NU7026

NU7026は一種の有効なDNA-PK阻害剤で、無細胞試験でIC50値が0.23 μMになって、DNA-PKに作用する選択性がPI3Kに作用する選択性より60倍高くなって、ATMとATRに阻害作用を表しません。

S2622

PP121

PP-121は一種のPDGFR、Hck、mTOR、VEGFR2、SrcとAblを作用する多ターゲット阻害剤で、IC50値が2 nM、8 nM、10 nM、12 nM、14 nMと18 nMそれぞれに分かれて、DNA-PKも抑制し、このIC50値が60 nMになります。

S8589

SF2523

S8427

LTURM34

S8379

YU238259

S7891

CC-115

CC-115は一種のDNA依頼性のタンパク質キナーゼ(DNA-PK)と哺乳動物ラパマイシン(mTOR)ターゲットの二重阻害剤ですが、潜在な抗腫瘍活性を持っています。

S8045

KU-0060648

KU-0060648は一種のDNA-PKと PI3Kα/β/δ の二重阻害剤で、IC50値が8.6 nMと4 nM/0.5 nM/0.1 nMそれぞれ分かれて、PI3Kγにの抑制作用が少し弱くて、このIC50値が0.59 μMになります。

S8322

LY3023414

(実験動物にとって)LY3023414は1種のATP競争性の経口阻害剤です。I類PI3K亜型、mTOR和DNA-PKを抑制します。

Tags: DNA-PK activation | DNA-PK phosphorylation | DNA-PK assay | DNA-PK activity | DNA-PK activation | DNA-PK pathway | DNA-PK inhibitor clinical trial | DNA-PKcs phosphorylation | DNA-PK function | DNA-PK inhibitor review