GSK-3

信号経路図

研究分野

  • 阻害剤の選択性比較
  • 溶解度
カタログ番号 製品カタログ 溶解度(25°C)
DMSO アルコール
S2924 CHIR-99021 (CT99021) HCl <1 mg/mL 93 mg/mL 2 mg/mL
S1075 SB216763 <1 mg/mL 23 mg/mL <1 mg/mL
S2745 CHIR-98014 <1 mg/mL 8 mg/mL <1 mg/mL
S1590 TWS119 <1 mg/mL 64 mg/mL <1 mg/mL
S2823 Tideglusib <1 mg/mL 8 mg/mL <1 mg/mL
S2729 SB415286 <1 mg/mL 72 mg/mL 72 mg/mL
S7198 BIO <1 mg/mL 71 mg/mL 6 mg/mL
S1263 CHIR-99021 (CT99021) <1 mg/mL 10 mg/mL <1 mg/mL
S7253 AZD2858 <1 mg/mL 7 mg/mL <1 mg/mL
S7145 AZD1080 <1 mg/mL 52 mg/mL <1 mg/mL
S7435 AR-A014418 <1 mg/mL 61 mg/mL <1 mg/mL
S2926 TDZD-8 <1 mg/mL 44.5 mg/mL 44.5 mg/mL
S7063 LY2090314 <1 mg/mL 100 mg/mL 2 mg/mL
S7566 IM-12 <1 mg/mL 75 mg/mL 10 mg/mL
S7915 BIO-acetoxime <1 mg/mL 19 mg/mL <1 mg/mL
S2386 Indirubin <1 mg/mL 53 mg/mL <1 mg/mL
S7722 Bikinin <1 mg/mL 54 mg/mL <1 mg/mL
S7193 1-Azakenpaullone <1 mg/mL 66 mg/mL <1 mg/mL

亜型選択性的な製品

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S2924

CHIR-99021 (CT99021) HCl

CHIR-99021 (CT99021) HCl はCHIR-99021の塩酸塩で、一種のGSK-3α/β阻害剤で、無細胞試験でIC50値が10 nM/6.7 nMに分かれて、GSK-3とその最も接近のホモログ(homologs)Cdc2及びERK2を見分けられます。

S1075

SB216763

SB216763は一種の有効的で、選択性GSK-3α阻害剤で、IC50値が 34.3 nMになって、GSK-3βにも同様な抑制作用を表します。

S2745

CHIR-98014

CHIR-98014は一種の有効なGSK-3α/β阻害剤で、無細胞試験でIC50値が0.65 nM/0.58 nMになって、GSK-3に作用する選択性がその最も接近のホモログCdc2 と ERK2に作用する選択性より高くなります。

S1590

TWS119

TWS119は一種のGSK-3β阻害剤で、無細胞試験でIC50値が30 nMで、神経細胞の分化を誘導することができて、幹細胞生物学の研究に役立ちます。

S2823

Tideglusib

Tideglusibは一種の逆転できなくて、非ATP競争性のGSK-3β阻害剤で、無細胞試験でIC50値が60 nMです。Tideglusibは活性サイトでの、Cys-199に同源する Cysキナーゼを抑制することができません。臨床2期。

S2729

SB415286

SB415286は一種の有効なGSK3α阻害剤で、IC50/Ki値が78 nM/31 nに分かれて、GSK-3βも等しく有効に抑制します。

S7198

BIO

BIOは一種の特異性のGSK-3阻害剤で、無細胞試験でGSK-3α/βに作用する時のIC50値が5 nMです。BIOはGSK-3α/βに作用する選択性がCDK5に作用する選択性より16倍以上高くなって、一種のパン(pan)JAK 阻害剤です。

S1263

CHIR-99021 (CT99021)

CHIR-99021 (CT99021)は一種のGSK-3αとGSK-3β阻害剤で、IC50値が10 nM と6.7 nMに分かれます。

S7253

AZD2858

AZD2858は一種の選択性的なGSK-3阻害剤で、IC50値が 68 nMで、Wnt信号経路を作動させて、ラット(rat)の骨質を増強します。

S7145

AZD1080

AZD1080は一種の経口生物利用可能で、選択性的で、大脳浸透可能なGSK3阻害剤で、人間GSK3αとGSK3βを抑制し、Ki値が6.9 nMと31 nMに分かれて、CDK2、CDK5、CDK1とErk2に作用する選択性より14倍以上が高くなります。

S7435

AR-A014418

AR-A014418 is an ATP-competitive, and selective GSK3β inhibitor with IC50 and Ki of 104 nM and 38 nM, without significant inhibition on 26 other kinases tested.

S2926

TDZD-8

TDZD-8は一種の非ATP競争性GSK-3β阻害剤で、IC50値が2 μMで、CDK1、カゼインキナーゼ(casein kinase)II、 PKAとPKCに最低限度の抑制効果を与えます。

S7063

LY2090314

LY2090314は一種の有効なGSK-3阻害剤で、GSK-3α/βに作用します。このIC50値が1.5 nM/0.9 nMに分かれます。LY2090314はプラチナ(platinum)をもとにする化学療法の効果を上げます。臨床2期。

S7566

IM-12

IM-12は一種の選択性のGSK-3β阻害剤で、IC50値が53 nMになって、Wnt信号経路を増強します。

S7915

BIO-acetoxime

BIO-acetoximeは一種の有効な二重GSK3α/β阻害剤で、IC50値が10 nMで、GSK3α/βに作用する選択性がCDK5/p25、CDK2/cyclin AとCDK1/cyclin Bに作用する選択性より240倍以上高くなります。

S2386

Indirubin

Indirubinは一種の有効な細胞周期依頼性キナーゼとGSK-3β阻害剤で、IC50値が5 μMと0.6 μMに分かれます。

S7722

Bikinin

Bikininは一種のATP競争性アラビドプシス(Arabidopsis)GSK-3阻害剤で、ブラシノステロイド(brassinosteroid )信号の一種強力で有効な活性剤として、役割を果たします。

S7193

1-Azakenpaullone

1-Azakenpaulloneは一種の高選択性のGSK-3β阻害剤で、IC50値が18 nMになって、選択性がCDK1/cyclin B と CDK5/p25に作用する選択性より100倍高くなります。

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S2924

CHIR-99021 (CT99021) HCl

CHIR-99021 (CT99021) HCl はCHIR-99021の塩酸塩で、一種のGSK-3α/β阻害剤で、無細胞試験でIC50値が10 nM/6.7 nMに分かれて、GSK-3とその最も接近のホモログ(homologs)Cdc2及びERK2を見分けられます。

S1075

SB216763

SB216763は一種の有効的で、選択性GSK-3α阻害剤で、IC50値が 34.3 nMになって、GSK-3βにも同様な抑制作用を表します。

S2745

CHIR-98014

CHIR-98014は一種の有効なGSK-3α/β阻害剤で、無細胞試験でIC50値が0.65 nM/0.58 nMになって、GSK-3に作用する選択性がその最も接近のホモログCdc2 と ERK2に作用する選択性より高くなります。

S1590

TWS119

TWS119は一種のGSK-3β阻害剤で、無細胞試験でIC50値が30 nMで、神経細胞の分化を誘導することができて、幹細胞生物学の研究に役立ちます。

S2823

Tideglusib

Tideglusibは一種の逆転できなくて、非ATP競争性のGSK-3β阻害剤で、無細胞試験でIC50値が60 nMです。Tideglusibは活性サイトでの、Cys-199に同源する Cysキナーゼを抑制することができません。臨床2期。

S2729

SB415286

SB415286は一種の有効なGSK3α阻害剤で、IC50/Ki値が78 nM/31 nに分かれて、GSK-3βも等しく有効に抑制します。

S7198

BIO

BIOは一種の特異性のGSK-3阻害剤で、無細胞試験でGSK-3α/βに作用する時のIC50値が5 nMです。BIOはGSK-3α/βに作用する選択性がCDK5に作用する選択性より16倍以上高くなって、一種のパン(pan)JAK 阻害剤です。

S1263

CHIR-99021 (CT99021)

CHIR-99021 (CT99021)は一種のGSK-3αとGSK-3β阻害剤で、IC50値が10 nM と6.7 nMに分かれます。

S7253

AZD2858

AZD2858は一種の選択性的なGSK-3阻害剤で、IC50値が 68 nMで、Wnt信号経路を作動させて、ラット(rat)の骨質を増強します。

S7145

AZD1080

AZD1080は一種の経口生物利用可能で、選択性的で、大脳浸透可能なGSK3阻害剤で、人間GSK3αとGSK3βを抑制し、Ki値が6.9 nMと31 nMに分かれて、CDK2、CDK5、CDK1とErk2に作用する選択性より14倍以上が高くなります。

S7435

AR-A014418

AR-A014418 is an ATP-competitive, and selective GSK3β inhibitor with IC50 and Ki of 104 nM and 38 nM, without significant inhibition on 26 other kinases tested.

S2926

TDZD-8

TDZD-8は一種の非ATP競争性GSK-3β阻害剤で、IC50値が2 μMで、CDK1、カゼインキナーゼ(casein kinase)II、 PKAとPKCに最低限度の抑制効果を与えます。

S7063

LY2090314

LY2090314は一種の有効なGSK-3阻害剤で、GSK-3α/βに作用します。このIC50値が1.5 nM/0.9 nMに分かれます。LY2090314はプラチナ(platinum)をもとにする化学療法の効果を上げます。臨床2期。

S7566

IM-12

IM-12は一種の選択性のGSK-3β阻害剤で、IC50値が53 nMになって、Wnt信号経路を増強します。

S7915

BIO-acetoxime

BIO-acetoximeは一種の有効な二重GSK3α/β阻害剤で、IC50値が10 nMで、GSK3α/βに作用する選択性がCDK5/p25、CDK2/cyclin AとCDK1/cyclin Bに作用する選択性より240倍以上高くなります。

S2386

Indirubin

Indirubinは一種の有効な細胞周期依頼性キナーゼとGSK-3β阻害剤で、IC50値が5 μMと0.6 μMに分かれます。

S7722

Bikinin

Bikininは一種のATP競争性アラビドプシス(Arabidopsis)GSK-3阻害剤で、ブラシノステロイド(brassinosteroid )信号の一種強力で有効な活性剤として、役割を果たします。

S7193

1-Azakenpaullone

1-Azakenpaulloneは一種の高選択性のGSK-3β阻害剤で、IC50値が18 nMになって、選択性がCDK1/cyclin B と CDK5/p25に作用する選択性より100倍高くなります。

Tags: GSK-3 inhibition | GSK-3 cancer | GSK-3 signaling pathway | GSK-3 activation | GSK-3 activity | GSK-3 beta pathway | GSK-3 phosphorylation | GSK-3 beta phosphorylation | GSK-3 assay | GSK-3 inhibitor review