JNK

信号経路図

研究分野

  • 阻害剤の選択性比較
  • 溶解度
カタログ番号 製品カタログ 溶解度(25°C)
DMSO アルコール
S1460 SP600125 <1 mg/mL 44 mg/mL <1 mg/mL
S4901 JNK-IN-8 <1 mg/mL 100 mg/mL <1 mg/mL
S7544 Vacquinol-1 <1 mg/mL 70 mg/mL <1 mg/mL
S7409 Anisomycin <1 mg/mL 41 mg/mL 17 mg/mL
S7508 JNK Inhibitor IX <1 mg/mL 20 mg/mL <1 mg/mL
S8490 Tanzisertib(CC-930) 4 mg/mL 89 mg/mL 89 mg/mL
S7637 DTP3 100 mg/mL 100 mg/mL 100 mg/mL
S8201 BI-78D3 <1 mg/mL 100 mg/mL <1 mg/mL

亜型選択性的な製品

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S1460

SP600125

SP600125は一種の広範囲に使用されるJNK阻害剤で、無細胞試験でJNK1、JNK2とJNK3に作用する時のIC50値が40 nM、40 nMと90 nMにそれぞれ分かれることですが、JNKに作用する選択性はMKK4に作用する選択性より10倍が高くなって、MKK3、MKK6、PKBとPKCαに作用する選択性より25倍が高くなって、ERK2、p38、Chk1とEGFR等に作用する選択性より100倍が高くなります。

S4901

JNK-IN-8

JNK-IN-8は初めての不可逆なJNK阻害剤で、A375細胞系の中にJNK1、JNK2とJNK4に作用する時のIC50値が4.7nM、18.7nMと1nMにそれぞれ分かれることですが、JNKに作用する選択性はFmsに作用する選択性より10倍以上が高くなって、c-Kit、MetとPDGFRβを抑制する作用がありません。

S7508

JNK Inhibitor IX

JNK inhibitor IXは一種の高度選択性的なJNK阻害剤で、JNK2とJNK3に作用する時のpIC50値が6.5と6.7に分かれることです。

S8490

Tanzisertib(CC-930)

S8201

BI-78D3

BI-78D3は1種の競争性のJNK(IC50:280nM t)阻害剤です。BI-78D3はJNKに作用する時の選択性はp38αに作用する時の選択性より100倍以上が高くなりますが、mTORとPI-3Kに活性を表しません。

S7544

Vacquinol-1

Vacquinol-1は1種のMKK4 活性剤で、グリオーマ細胞の死亡を迅速選択性的に誘導します。

S7409

Anisomycin

Anisomycinは一種の抗生物質で、タンパク質の合成を抑制することですが、Anisomycinも一種のJNK活性剤です。

S7637

DTP3

DTP3は一種の選択性的なGADD45β/MKK7阻害剤で、癌症選択性のNF-κB生存経路を抑制することができます。

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S1460

SP600125

SP600125は一種の広範囲に使用されるJNK阻害剤で、無細胞試験でJNK1、JNK2とJNK3に作用する時のIC50値が40 nM、40 nMと90 nMにそれぞれ分かれることですが、JNKに作用する選択性はMKK4に作用する選択性より10倍が高くなって、MKK3、MKK6、PKBとPKCαに作用する選択性より25倍が高くなって、ERK2、p38、Chk1とEGFR等に作用する選択性より100倍が高くなります。

S4901

JNK-IN-8

JNK-IN-8は初めての不可逆なJNK阻害剤で、A375細胞系の中にJNK1、JNK2とJNK4に作用する時のIC50値が4.7nM、18.7nMと1nMにそれぞれ分かれることですが、JNKに作用する選択性はFmsに作用する選択性より10倍以上が高くなって、c-Kit、MetとPDGFRβを抑制する作用がありません。

S7508

JNK Inhibitor IX

JNK inhibitor IXは一種の高度選択性的なJNK阻害剤で、JNK2とJNK3に作用する時のpIC50値が6.5と6.7に分かれることです。

S8490

Tanzisertib(CC-930)

S8201

BI-78D3

BI-78D3は1種の競争性のJNK(IC50:280nM t)阻害剤です。BI-78D3はJNKに作用する時の選択性はp38αに作用する時の選択性より100倍以上が高くなりますが、mTORとPI-3Kに活性を表しません。

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S7544

Vacquinol-1

Vacquinol-1は1種のMKK4 活性剤で、グリオーマ細胞の死亡を迅速選択性的に誘導します。

S7409

Anisomycin

Anisomycinは一種の抗生物質で、タンパク質の合成を抑制することですが、Anisomycinも一種のJNK活性剤です。

2017, 8(1):e2529

2016, 6:37388

2017, 10.1002/jcb.26176

S7637

DTP3

DTP3は一種の選択性的なGADD45β/MKK7阻害剤で、癌症選択性のNF-κB生存経路を抑制することができます。