AMPK

信号経路図

研究分野

  • 阻害剤の選択性比較
  • 溶解度
カタログ番号 製品カタログ 溶解度(25°C)
DMSO アルコール
S2697 A-769662 <1 mg/mL 72 mg/mL <1 mg/mL
S1802 AICAR (Acadesine) <1 mg/mL 51 mg/mL <1 mg/mL
S7306 Dorsomorphin (Compound C) 2HCl 94 mg/mL <1 mg/mL <1 mg/mL
S2542 Phenformin HCl 48 mg/mL 48 mg/mL 12 mg/mL
S7317 WZ4003 <1 mg/mL 7 mg/mL <1 mg/mL
S7318 HTH-01-015 <1 mg/mL 58 mg/mL 30 mg/mL
S7898 GSK621 <1 mg/mL 97 mg/mL <1 mg/mL
S7840 Dorsomorphin (Compound C, BML-275) <1 mg/mL 3 mg/mL 2 mg/mL
製品コード 製品説明 文献中の引用 お客様のフィードバック
S7306

Dorsomorphin (Compound C) 2HCl

Dorsomorphin (Compound C) 2HCは一種の有効的で、可逆的で、選択性AMPK阻害剤で、無細胞試験でKi値が109 nMになって、若干の構造に関してのキナーゼ(ZAPK、SYK、PKCθ、PKAとJAK3を含める)に著しい抑制作用を表しませんが、I型BMP受容体も抑制します。

S7317

WZ4003

WZ4003は一種の高特異性のNUAKキナーゼ阻害剤で、無細胞試験でNUAK1とNUAK2に作用する IC50値が20 nMと100 nMに分かれて、他の139種キナーゼに著しい阻害作用を表しません。

S7318

HTH-01-015

HTH-01-015は一種の有効的で、選択性的なNUAK1阻害剤で、このIC50値が100 nMになって、NUAK1に作用する選択性がNUAK2に作用する選択性より100倍以上高くなります。

S7840

Dorsomorphin (Compound C, BML-275)

S2697

A-769662

A-769662は一種の有効的で、可逆なAMPK活性剤で、無細胞試験でEC50値が0.8 μMになって、GPPase/FBPaseの活性にほとんど役立ちません。

S1802

AICAR (Acadesine)

AICAR (Acadesine)はZMPの蓄積を引き起こして、AMPがAMPKと AMPKキナーゼに刺激する作用のことを真似ます。臨床3期。

S2542

Phenformin HCl

Phenformin HClは一種のフェンホルミン(Phenformin)の塩酸塩で、一種のビグアナイド系(biguanide class)の抗糖尿病薬です。

S7898

GSK621

GSK621は一種の特異性的で、有効なAMPK活性剤です。

製品コード 製品説明 文献中の引用 お客様のフィードバック
S7306

Dorsomorphin (Compound C) 2HCl

Dorsomorphin (Compound C) 2HCは一種の有効的で、可逆的で、選択性AMPK阻害剤で、無細胞試験でKi値が109 nMになって、若干の構造に関してのキナーゼ(ZAPK、SYK、PKCθ、PKAとJAK3を含める)に著しい抑制作用を表しませんが、I型BMP受容体も抑制します。

S7317

WZ4003

WZ4003は一種の高特異性のNUAKキナーゼ阻害剤で、無細胞試験でNUAK1とNUAK2に作用する IC50値が20 nMと100 nMに分かれて、他の139種キナーゼに著しい阻害作用を表しません。

S7318

HTH-01-015

HTH-01-015は一種の有効的で、選択性的なNUAK1阻害剤で、このIC50値が100 nMになって、NUAK1に作用する選択性がNUAK2に作用する選択性より100倍以上高くなります。

S7840

Dorsomorphin (Compound C, BML-275)

製品コード 製品説明 文献中の引用 お客様のフィードバック
S2697

A-769662

A-769662は一種の有効的で、可逆なAMPK活性剤で、無細胞試験でEC50値が0.8 μMになって、GPPase/FBPaseの活性にほとんど役立ちません。

2016, 12(2):432-8

2014, 74(1):298-308

2014, 55(7):1254-1266

S1802

AICAR (Acadesine)

AICAR (Acadesine)はZMPの蓄積を引き起こして、AMPがAMPKと AMPKキナーゼに刺激する作用のことを真似ます。臨床3期。

2016, 6:30272

2015, 10.1111/bph.13120

2014, 111(8):1562-71

S2542

Phenformin HCl

Phenformin HClは一種のフェンホルミン(Phenformin)の塩酸塩で、一種のビグアナイド系(biguanide class)の抗糖尿病薬です。

2017, 292(7):2830-2841

S7898

GSK621

GSK621は一種の特異性的で、有効なAMPK活性剤です。

2016, 11(8):e0161017

Tags: AMPK inhibition | AMPK activation | AMPK phosphorylation | AMPK activity | AMP-activated protein kinase pathway | AMPK activity assay | AMPK activators review | AMPK activity assay | AMPK inhibitor cancer | AMPK agonists | AMPK antagonist | AMPK inhibitor review