c-RET

信号経路図

研究分野

  • 阻害剤の選択性比較
  • 溶解度
カタログ番号 製品カタログ 溶解度(25°C)
DMSO アルコール
S1178 Regorafenib (BAY 73-4506) <1 mg/mL 97 mg/mL <1 mg/mL
S1107 Danusertib (PHA-739358) <1 mg/mL 95 mg/mL <1 mg/mL
S2692 TG101209 <1 mg/mL 102 mg/mL <1 mg/mL
S8518 AD80 <1 mg/mL 94 mg/mL 94 mg/mL
製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S1178

Regorafenib (BAY 73-4506)

Regorafenib (BAY 73-4506)は一種の多ターゲット阻害剤で、無細胞試験でVEGFR1、VEGFR2、VEGFR3、PDGFR-β、Kit、RETとRaf-1に作用する時のIC50値が13 nM、4.2 nM、46 nM、22 nM、7 nM、1.5 nMと2.5 nMにそれぞれ分かれることです。

S1107

Danusertib (PHA-739358)

Danusertib (PHA-739358)は一種のオーロラキナーゼ阻害剤です。Danusertib (PHA-739358)はオーロラA/B/Cに作用して、無細胞試験でIC50値が13 nM/79 nM/61 nMになリますが、Abl、TrkA、c-RETとFGFR1に適度に作用します。Danusertib (PHA-739358)はLck、VEGFR2/3、c-KitとCDK2等に作用する効果が少し弱いです。臨床2期。

S2692

TG101209

TG101209は一種の選択性JAK2阻害剤で、無細胞試験でIC50値が6 nMになって、Flt3とRETに作用する効果が少し弱くて、なお IC50値が25 nMと17 nMに分かれて、JAK2に作用する選択性はJAK3に作用する選択性より30倍程度が高くなって、JAK2V617FとMPLW515L/K突然変異体に敏感です。

S8518

AD80

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S1178

Regorafenib (BAY 73-4506)

Regorafenib (BAY 73-4506)は一種の多ターゲット阻害剤で、無細胞試験でVEGFR1、VEGFR2、VEGFR3、PDGFR-β、Kit、RETとRaf-1に作用する時のIC50値が13 nM、4.2 nM、46 nM、22 nM、7 nM、1.5 nMと2.5 nMにそれぞれ分かれることです。

S1107

Danusertib (PHA-739358)

Danusertib (PHA-739358)は一種のオーロラキナーゼ阻害剤です。Danusertib (PHA-739358)はオーロラA/B/Cに作用して、無細胞試験でIC50値が13 nM/79 nM/61 nMになリますが、Abl、TrkA、c-RETとFGFR1に適度に作用します。Danusertib (PHA-739358)はLck、VEGFR2/3、c-KitとCDK2等に作用する効果が少し弱いです。臨床2期。

S2692

TG101209

TG101209は一種の選択性JAK2阻害剤で、無細胞試験でIC50値が6 nMになって、Flt3とRETに作用する効果が少し弱くて、なお IC50値が25 nMと17 nMに分かれて、JAK2に作用する選択性はJAK3に作用する選択性より30倍程度が高くなって、JAK2V617FとMPLW515L/K突然変異体に敏感です。

S8518

AD80