カゼインキナーゼ

  • 阻害剤の選択性比較
  • 溶解度
カタログ番号 製品カタログ 溶解度(25°C)
DMSO アルコール
S2248 Silmitasertib (CX-4945) <1 mg/mL 16 mg/mL <1 mg/mL
S7642 D 4476 <1 mg/mL 79 mg/mL <1 mg/mL
S8237 IC261 <1 mg/mL 62 mg/mL <1 mg/mL

亜型選択性的な製品

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S2248

Silmitasertib (CX-4945)

Silmitasertib (CX-4945)は一種の有効で、選択性的なCK2(casein kinase 2)阻害剤ですが、無細胞試験で IC50値が1nMになって、Flt3、Pim1とCDK1に作用する効果(細胞試験で活性がない)が少し弱いです。臨床1/2期。

S7642

D 4476

D 4476は一種の有効で、選択性的で、細胞浸透性的なCK1阻害剤ですが、無細胞試験で分裂酵母ポンべ( Schizosaccharomyces pombe)からのCK1とCK1δに作用する時のIC50値が200 nMと 300 nMに分かれます。D 4476も一種のALK5阻害剤で、このIC50値が500nMです。

S8237

IC261

IC261は1種の新たなCK1阻害剤で、CK1とCdk5に対するIC50値は16μMと4.5mMに分かれます。

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S2248

Silmitasertib (CX-4945)

Silmitasertib (CX-4945)は一種の有効で、選択性的なCK2(casein kinase 2)阻害剤ですが、無細胞試験で IC50値が1nMになって、Flt3、Pim1とCDK1に作用する効果(細胞試験で活性がない)が少し弱いです。臨床1/2期。

S7642

D 4476

D 4476は一種の有効で、選択性的で、細胞浸透性的なCK1阻害剤ですが、無細胞試験で分裂酵母ポンべ( Schizosaccharomyces pombe)からのCK1とCK1δに作用する時のIC50値が200 nMと 300 nMに分かれます。D 4476も一種のALK5阻害剤で、このIC50値が500nMです。

S8237

IC261

IC261は1種の新たなCK1阻害剤で、CK1とCdk5に対するIC50値は16μMと4.5mMに分かれます。