インテグリン

信号経路図

研究分野

  • 阻害剤の選択性比較
  • 溶解度
カタログ番号 製品カタログ 溶解度(25°C)
DMSO アルコール
S7077 Cilengitide trifluoroacetate 8 mg/mL 100 mg/mL <1 mg/mL
S8008 RGD (Arg-Gly-Asp) Peptides 12 mg/mL <1 mg/mL <1 mg/mL
S2885 A-205804 <1 mg/mL 60 mg/mL <1 mg/mL
S3085 Tirofiban <1 mg/mL 0.005 mg/mL <1 mg/mL
S7540 SB273005 <1 mg/mL 90 mg/mL 16 mg/mL
S8454 ATN-161 (Ac-PHSCN-NH2) 13 mg/mL -1 mg/mL -1 mg/mL
S8594 Tirofiban Hydrochloride 95 mg/mL 95 mg/mL 95 mg/mL
S8306 Leukadherin-1 <1 mg/mL 15 mg/mL <1 mg/mL
S7834 Cyclo (-RGDfK) 84 mg/mL 100 mg/mL <1 mg/mL
S7844 100 mg/mL 100 mg/mL 20 mg/mL
製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S7077

Cilengitide trifluoroacetate

Cilengitideは一種の有効なintegrin阻害剤で、無細胞試験でαvβ3受容体とαvβ5受容体に作用する時のIC50値が4.1nMと79nMに分かれることですが、integrinに作用する選択性はgpIIbIIIaに作用する選択性より10倍左右が高くなります。臨床2期。

S8008

RGD (Arg-Gly-Asp) Peptides

RGD (Arg-Gly-Asp) Peptidesは、一種の、細胞付着タンパク質に真似することができて、インテグリンと結合することができる細胞付着モチーフです。

S2885

A-205804

A-205804は一種の有効で、選択性的なE-selectinとICAM-1表れの阻害剤で、IC50値が20nMと25nMです。

S3085

Tirofiban

Tirofibanは一種の選択性的な口蓋GPIIb/IIIa 拮抗剤ですが、血小板の集合を抑制することができて、IC50値が9nMです。

S7540

SB273005

SB273005は一種の有効なintegrin阻害剤で、αvβ3受容体とαvβ5受容体に作用する時のKi値が1.2 nMと0.3 nMに分かれることです。

S8454

ATN-161 (Ac-PHSCN-NH2)

S8594

Tirofiban Hydrochloride

S8306

Leukadherin-1

Leukadherin-1は一種の、 CD11b/CD18依頼性の細胞は自身のリガンドICAM-1(一種の補体受容体3(CD11b/CD18)に作用する作動薬)に付着することを増強する小分子作動薬です。

S7834

Cyclo (-RGDfK)

Cyclo (-RGDfK)は一種の有効で、選択性的なαvβ3 integrin阻害剤です。

S7844

Cyclo(RGDyK)は一種の有効で、選択性的なαVβ3 integrin阻害剤で、IC50値が20nMです。