PAK

信号経路図

研究分野

  • 阻害剤の選択性比較
  • 溶解度
カタログ番号 製品カタログ 溶解度(25°C)
DMSO アルコール
S7093 IPA-3 <1 mg/mL 70 mg/mL 7 mg/mL
S7094 PF-3758309 <1 mg/mL 98 mg/mL 98 mg/mL
S7271 FRAX597 <1 mg/mL 14 mg/mL 1 mg/mL
S7807 FRAX486 <1 mg/mL 22 mg/mL <1 mg/mL
S7989 FRAX1036 <1 mg/mL <1 mg/mL 20 mg/mL

亜型選択性的な製品

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S7093

IPA-3

IPA-3は一種の選択性的で、非ATP競争性的なPak1阻害剤で、無細胞試験でIC50値が2.5μMですが、グループ II PAKs (PAKs 4-6).に抑制作用を表しません。

S7094

PF-3758309

PF-3758309は一種の有効で、ATP競争性的なPAK4 ピロロピラゾール(pyrrolo pyrazole)阻害剤で、このIC50値が1.3nMです。

S7271

FRAX597

FRAX597は一種の有効で、ATP競争性的なグループ I PAKs阻害剤で、PAK1、PAK2とPAK3に作用する時のIC50値が8 nM、13 nMと19nMにそれぞれ分かれることです。

S7807

FRAX486

FRAX486は一種の有効なPAK阻害剤ですが、PAK1、PAK2、PAK3とPAK4に作用する時のIC50値が14、33、39と575 nMにそれぞれ分かれます。

S7989

FRAX1036

FRAX-1036は1種の有効的で、セレクティブPAK1阻害剤です。

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S7093

IPA-3

IPA-3は一種の選択性的で、非ATP競争性的なPak1阻害剤で、無細胞試験でIC50値が2.5μMですが、グループ II PAKs (PAKs 4-6).に抑制作用を表しません。

S7094

PF-3758309

PF-3758309は一種の有効で、ATP競争性的なPAK4 ピロロピラゾール(pyrrolo pyrazole)阻害剤で、このIC50値が1.3nMです。

S7271

FRAX597

FRAX597は一種の有効で、ATP競争性的なグループ I PAKs阻害剤で、PAK1、PAK2とPAK3に作用する時のIC50値が8 nM、13 nMと19nMにそれぞれ分かれることです。

S7807

FRAX486

FRAX486は一種の有効なPAK阻害剤ですが、PAK1、PAK2、PAK3とPAK4に作用する時のIC50値が14、33、39と575 nMにそれぞれ分かれます。

S7989

FRAX1036

FRAX-1036は1種の有効的で、セレクティブPAK1阻害剤です。