Thiazovivin

製品コードS1459

Thiazovivin化学構造

分子量(MW):311.36

Thiazovivinは一種の新たなROCK阻害剤で、無細胞試験でIC50値が0.5μMですが、単細胞が分裂した後、hESCの生存を促進します。

サイズ 価格 在庫  
JPY 21598.20 あり
JPY 17278.56 あり
JPY 30237.48 あり
JPY 96471.96 あり

製品安全説明書

ROCK阻害剤の選択性比較

生物活性

製品説明 Thiazovivinは一種の新たなROCK阻害剤で、無細胞試験でIC50値が0.5μMですが、単細胞が分裂した後、hESCの生存を促進します。
ターゲット
ROCK [1]
(Cell-free assay)
~0.5 μM
体外試験

Although displaying little impact on cell proliferation, Thiazovivin treatment significantly enhances the survival of human embryonic stem cells (hESCs) after enzymatic dissociation more than 30-fold, while homogenously maintaining pluripotency with the characteristic colony morphology, expression of typical pluripotency markers such as alkaline phosphatase (ALP), and normal karyotype. Dissociated hESCs treated with Thiazovivin display dramatically increased adhesion to matrigel- or laminin-coated plates but not to gelatin-coated plates within a few hours. Thiazovivin treatment increases cell-ECM adhesion-mediated β1 integrin activity, which synergizes with growth factors to promote cell survival. In addition to activating integrin, Thiazovivin but not Tyrintegin (Ptn) protects hESCs from death in the absence of ECM in suspension through E-cadherin-mediated cell-cell interaction. Thiazovivin treatment potently inhibits endocytosis of E-cadherin, consequently stabilizing E-cadherin on the cell surface and leading to reestablishment of cell-cell interaction, which is essential for hESC survival in ECM-free conditions. Thiazovivin but not Tyrintegin (Ptn) at 2 μM inhibits Rho-associated kinase (ROCK) activity and protects hESCs at a similar level as the widely used selective ROCK inhibitor Y-27632 at 10 μM, suggesting that Rho-ROCK signaling regulates cell-ECM and cell-cell adhesion. [1] Thiazovivin at 1 μM increases the reprogramming efficiency of CB mononuclear cells to induced pluripotent stem cells (iPSCs) by more than 10 times. [2]

細胞データ
Cell Lines Assay Type Concentration Incubation Time Formulation Activity Description PMID
SCU-i10 hiPSCs NEDJeZZIem:5dHigTY5pcWKrdHnvckBCe3OjeR?= MnjWNE0zOCEQvF2= Mk\uNlQhcA>? NH;UW4l{cWewaX\pZ4FvfGy7IH3v[JVt[XSnczDzbY5odGVvY3XscEBxdGG2aX7nJIVn\mmlaXXuZ5kh[W6mIIDyc41wfGViTlPNJIdzd3e2aB?= MWGyOVA4Pzl|Mh?=
HSMCs NXrVNppkTnWwY4Tpc44hSXO|YYm= M{PsXFHjiIoQvF2= MkHLNkBp M3rtSpJmfmW{c3XzJGFv\0mLLXnu[JVk\WRiTWnQWFEheGixc4Doc5J6dGG2aX;u MYiyOFk3PTF5MB?=

多くの細胞株試験データを見る場合、クリックしてください

お薦めの試験操作(参考用のみ)

溶解度 (25°C)

体外 DMSO 15 mg/mL (48.17 mM)
Water Insoluble
Ethanol Insoluble
体内 順序で溶剤を入れること:
30% PEG400+0.5% Tween80+5% propylene glycol
30 mg/mL

* 溶解度検測はSelleck技術部門によって行いますので、文献より提供された溶解度と差異がある可能性がありますが、生産工芸と不同ロット(lot)で起きる正常な現象ですから、ご安心ください。

化学情報

分子量 311.36
化学式

C15H13N5OS

CAS No. 1226056-71-8
保管
in solvent
別名 N/A

便利ツール

モル濃度計算器

モル濃度計算器

解決のために必要とされるマス、ボリュームまたは濃度を計算してください。

マス (g) = 濃度 (mol/L) x ボリューム (L) x 分子量 (g/mol)

モル濃度計算器方程式

  • マス
    濃度
    ボリューム
    分子量

*貯蔵液を準備するとき、常に、オンであるとわかる製品のバッチに特有の分子量を使って、を通してラベルとMSDS/COA(製品ページで利用可能な)。

希釈計算器

希釈計算器

貯蔵液を準備することを要求される希釈剤を計算してください. セレック希釈計算器は、以下の方程式に基づきます:

開始濃度 x 開始体積 = 最終濃度 x 最終体積

希釈の計算式

この方程式は、一般に略語を使われます:C1V1 = C2V2 ( 輸入 輸出 )

  • C1
    V1
    C2
    V2

常に貯蔵液を準備するとき、小びんラベルとMSDS/COA(オンラインで利用できる)で見つかる製品のバッチに特有の分子量を使ってください。

連続希釈計算器方程式

  • 連続希釈剤

  • 計算結果

  • C1=C0/X C1: LOG(C1):
    C2=C1/X C2: LOG(C2):
    C3=C2/X C3: LOG(C3):
    C4=C3/X C4: LOG(C4):
    C5=C4/X C5: LOG(C5):
    C6=C5/X C6: LOG(C6):
    C7=C6/X C7: LOG(C7):
    C8=C7/X C8: LOG(C8):
分子量計算器

分子量计算器

そのモル質量と元素組成を計算するために、合成物の化学式を入力してください:

総分子量:g/mol

チップス: 化学式は大文字と小文字の区別ができます。C10H16N2O2 c10h16n2o2

モル濃度計算器

マス 濃度 ボリューム 分子量

技術サポート

ストックの作り方、阻害剤の保管する方法、細胞実験や動物実験に注意すべきな点を全部含めており、製品を取扱う時よくあった質問に対して取扱説明書でお答えいたします。

Handling Instructions

他の質問がある場合は、お気軽くお問合せください。

  • * 必須

ROCK信号経路図

ROCK Inhibitors with Unique Features

相関ROCK製品

Tags: Thiazovivinを買う | Thiazovivin ic50 | Thiazovivin供給者 | Thiazovivinを購入する | Thiazovivin費用 | Thiazovivin生産者 | オーダーThiazovivin | Thiazovivin化学構造 | Thiazovivin分子量 | Thiazovivin代理店
×
細胞株 試験類型 濃度 培養時間 溶剤類型 活性叙述 PMID