Pim

信号経路図

研究分野

  • 阻害剤の選択性比較
  • 溶解度
カタログ番号 製品カタログ 溶解度(25°C)
DMSO アルコール
S2198 SGI-1776 free base <1 mg/mL 81 mg/mL 81 mg/mL
S8005 SMI-4a <1 mg/mL 55 mg/mL 32 mg/mL
S7985 PIM447 (LGH447) <1 mg/mL 88 mg/mL 88 mg/mL
S7104 AZD1208 <1 mg/mL 75 mg/mL <1 mg/mL
S7041 CX-6258 89 mg/mL 57 mg/mL 1 mg/mL

亜型選択性的な製品

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S2198

SGI-1776 free base

SGI-1776 free base は一種の新たで、ATP競争性的なPim1阻害剤で、無細胞試験でIC50値が7 nMになって、Pim1に作用する選択性はPim2とPim3に作用する選択性より50倍、10倍がそれぞれ高くなって、Flt3とhaspinにも有効に作用します。臨床1期。

S8005

SMI-4a

SMI-4aは一種の有効なPim1阻害剤で、IC50値が17 nMです。SMI-4aはPim-2に(適度)有効に作用しますが、他のセリン/スレオニンまたはチロシンキナーゼに作用する効果が著しくないんです。

S7985

PIM447 (LGH447)

S7104

AZD1208

AZD1208は一種の有効的で、経口利用可能なPim kinase阻害剤で、無細胞試験でPim1、Pim2とPim3に作用する時のIC50値が0.4 nM、5 nMと1.9 nMにそれぞれ分かれます。臨床1期。

S7041

CX-6258

CX-6258 HClは一種の有効的で、経口利用可能なpan-Pim kinase 阻害剤で、 Pim1、Pim2と Pim3に作用する時のIC50値が5 nM、25 nMと16 nMにそれぞれ分かれます。

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S2198

SGI-1776 free base

SGI-1776 free base は一種の新たで、ATP競争性的なPim1阻害剤で、無細胞試験でIC50値が7 nMになって、Pim1に作用する選択性はPim2とPim3に作用する選択性より50倍、10倍がそれぞれ高くなって、Flt3とhaspinにも有効に作用します。臨床1期。

S8005

SMI-4a

SMI-4aは一種の有効なPim1阻害剤で、IC50値が17 nMです。SMI-4aはPim-2に(適度)有効に作用しますが、他のセリン/スレオニンまたはチロシンキナーゼに作用する効果が著しくないんです。

S7985

PIM447 (LGH447)

S7104

AZD1208

AZD1208は一種の有効的で、経口利用可能なPim kinase阻害剤で、無細胞試験でPim1、Pim2とPim3に作用する時のIC50値が0.4 nM、5 nMと1.9 nMにそれぞれ分かれます。臨床1期。

S7041

CX-6258

CX-6258 HClは一種の有効的で、経口利用可能なpan-Pim kinase 阻害剤で、 Pim1、Pim2と Pim3に作用する時のIC50値が5 nM、25 nMと16 nMにそれぞれ分かれます。