DUB

信号経路図

研究分野

  • 阻害剤の選択性比較
  • 溶解度
カタログ番号 製品カタログ 溶解度(25°C)
DMSO アルコール
S2243 Degrasyn (WP1130) <1 mg/mL 77 mg/mL 18 mg/mL
S7130 PR-619 <1 mg/mL 45 mg/mL <1 mg/mL
S7132 P5091 (P005091) <1 mg/mL 28 mg/mL <1 mg/mL
S7134 IU1 <1 mg/mL 60 mg/mL 60 mg/mL
S7135 LDN-57444 <1 mg/mL 11 mg/mL <1 mg/mL
S8288 VLX1570 <1 mg/mL 93 mg/mL <1 mg/mL
S7140 TCID <1 mg/mL 23 mg/mL <1 mg/mL
S7133 P22077 <1 mg/mL 63 mg/mL <1 mg/mL
S4920 b-AP15 <1 mg/mL 48 mg/mL <1 mg/mL
S7529 ML323 <1 mg/mL 76 mg/mL 38 mg/mL

亜型選択性的な製品

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S2243

Degrasyn (WP1130)

Degrasyn (WP1130)は一種の選択性的なdeubiquitinase(DUB: USP5、UCH-L1、USP9x、USP14と UCH37)阻害剤ですが、Bcr/Ablを抑制する作用があります。Degrasyn (WP1130)も一種のJAK2トランスデューサ(20Sプロテアソームに影響を与えない)と転写活性剤(STAT)です。

S7130

PR-619

PR-619は1種の非選択性のDUBs(deubiquitinylating enzymes)可逆な阻害剤です。無細胞試験の中にEC50値は1-20 μMになります。

S7132

P5091 (P005091)

P5091 (P005091)は一種の選択性的で、有効なUSP7(ubiquitin-specific protease 7)阻害剤で、EC50値は4.2μMですが、USP47に作用することに似っています。

S7134

IU1

IU1は一種の細胞浸透性的で、可逆的で、選択性的なプロテアソーム阻害剤で、USP14に作用する時のIC50値が4.7μMですが、USP14に作用する時選択性は IsoTに作用する選択性より25倍が高くなります。

S7135

LDN-57444

LDN-57444は一種の可逆的な、競争性的なプロテアソーム阻害剤ですが、UCch-L1を抑制する時のIC50値が0.88μMになって、UCch-L1に作用する選択性は亜型Uch-L3に作用する選択性より28倍が高くなります。

S8288

VLX1570

S7140

TCID

TCIDは一種のDUB阻害剤ですが、ubiquitin C-terminal hydrolase L3を抑制する時のIC50値が0.6 μMになって、L3に作用する選択性はL1に作用する選択性より125倍が高くなります。

S7133

P22077

P22077は一種のubiquitin-specific protease USP7阻害剤で、EC50値が8.6μMですが、 緊密関連のUSP47も抑制します。

S4920

b-AP15

b-AP15は一種のdeubiquitinases阻害剤で、Ub-AMC分裂の19Sプロテアソーム活性に作用する時のIC50値が2.1μMです。

S7529

ML323

ML323はUSP1/UAF1に可逆的で、ナノモルの抑制活性と良好な選択性を表して、このIC50値が76nMになります。