ERK

信号経路図

研究分野

  • 阻害剤の選択性比較
  • 溶解度
カタログ番号 製品カタログ 溶解度(25°C)
DMSO アルコール
S7101 SCH772984 <1 mg/mL 14 mg/mL <1 mg/mL
S7921 DEL-22379 <1 mg/mL 89 mg/mL <1 mg/mL
S7709 VX-11e <1 mg/mL 100 mg/mL 16 mg/mL
S8534 LY3214996 <1 mg/mL 27 mg/mL 16 mg/mL
S7334 ERK5-IN-1 <1 mg/mL 100 mg/mL 100 mg/mL
S7525 XMD8-92 <1 mg/mL 73 mg/mL <1 mg/mL
S7752 SC1 <1 mg/mL 100 mg/mL <1 mg/mL
S7854 Ulixertinib (BVD-523, VRT752271) <1 mg/mL 86 mg/mL 15 mg/mL
S7524 FR 180204 <1 mg/mL 65 mg/mL 2 mg/mL
S7554 GDC-0994 <1 mg/mL 87 mg/mL 87 mg/mL

亜型選択性的な製品

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S7101

SCH772984

SCH772984は一種の新たで、特異性的なERK1/2阻害剤で、無細胞試験でIC50値が4 nMと1 nMです。

S7921

DEL-22379

EL-22379は1種の水溶性ERK二量体阻害剤で、IC50値は0.5程度 μMです。

S7709

VX-11e

VX-11eは1種の有効的で、セレクティブで、生物が利用可能な経口ERK2 阻害剤で、Ki は2 nM以下です。 ERK2に作用する時の選択性は、テストした他のキナーゼに作用する時の選択性より200倍以上が高くなります。

S8534

LY3214996

S7334

ERK5-IN-1

ERK5-IN-1は一種の有効で、選択性的なERK5阻害剤で、IC50値が162 nMです。

S7525

XMD8-92

S7752

SC1

Pluripotin (SC1)は1種、ERK1とRasGAPの二重阻害剤で、胚胎幹細胞の自己更新を維持することに使用されます。

S7854

Ulixertinib (BVD-523, VRT752271)

Ulixertinib (BVD-523, VRT752271)は一種の有効で、可逆的なERK1/ERK2阻害剤で、ERK2を抑制する時のIC50値が0.3nM以下です。臨床1期。

S7524

FR 180204

FR 180204は一種のATP競争性的で、選択性的なERK阻害剤で、ERK1とERK2に作用する時のKi値が0.31μMと0.14μMに分かれることです。

S7554

GDC-0994

GDC-0994は一種の有効で、経口生物利用可能なERK1/2阻害剤で、このIC50値が1.1 nMと0.3 nMです。臨床1期。

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
A5018

ERK2 Rabbit Recombinant mAb

A5029

ERK1/2 Rabbit Recombinant mAb

A5036

Phospho-Erk1(T202/Y204)+Erk2 (T185/Y187) Rabbit Recombinant mAb