IκB/IKK

信号経路図

研究分野

  • 阻害剤の選択性比較
  • 溶解度
カタログ番号 製品カタログ 溶解度(25°C)
DMSO アルコール
S1274 BX-795 <1 mg/mL 100 mg/mL <1 mg/mL
S2913 BAY 11-7082 <1 mg/mL 41 mg/mL 10 mg/mL
S2882 IKK-16 (IKK Inhibitor VII) <1 mg/mL 97 mg/mL <1 mg/mL
S2824 TPCA-1 <1 mg/mL 56 mg/mL <1 mg/mL
S2864 IMD 0354 <1 mg/mL 10 mg/mL 77 mg/mL
S3615 Dehydrocostus Lactone <1 mg/mL 46 mg/mL 46 mg/mL
S3612 Rosmarinic acid 24 mg/mL 72 mg/mL 72 mg/mL
S8078 Bardoxolone Methyl <1 mg/mL 21 mg/mL <1 mg/mL
S8044 BMS-345541 <1 mg/mL 9 mg/mL <1 mg/mL
S4907 SC-514 <1 mg/mL 45 mg/mL <1 mg/mL
S1681 Mesalamine <1 mg/mL 31 mg/mL 31 mg/mL
S7352 Bay 11-7085 <1 mg/mL 50 mg/mL 50 mg/mL
S7851 AZD3264 <1 mg/mL 88 mg/mL 2 mg/mL
S7697 LY2409881 <1 mg/mL 20 mg/mL <1 mg/mL
S7691 PS-1145 <1 mg/mL 64 mg/mL 2 mg/mL
S7441 WS3 <1 mg/mL 100 mg/mL 80 mg/mL
S7442 WS6 <1 mg/mL 100 mg/mL 100 mg/mL
S7948 MRT67307 HCl 92 mg/mL 92 mg/mL 92 mg/mL

亜型選択性的な製品

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S1274

BX-795

BX-795は一種の有効的で、特異性のPDK1阻害剤で、無細胞試験でIC50が6 nMです。BX-795は、PDK1に作用する選択性はPKAとPKCに作用する選択性より140倍と1600倍がそれぞ高くなります。GSK3βに比べて、BX-795はPDK1に作用する選択性が100倍余り高くなります。

S2913

BAY 11-7082

BAY 11-7082は一種のNF-κB阻害剤ですが、TNFαが誘導したIκBαリン酸化を抑制して、腫瘍細胞にIC50値が10μMになって、同時にユビキチンシステムの成分(component)にも抑制作用を表します。

S2882

IKK-16 (IKK Inhibitor VII)

IKK-16 (IKK Inhibitor VII) is a selective IκB kinase (IKK) inhibitor for IKK-2, IKK complex and IKK-1 with IC50 of 40 nM, 70 nM and 200 nM, respectively.

S2824

TPCA-1

TPCA-1は、IKK-2の阻害剤で、IC50 が 17.9 nMです。

S2864

IMD 0354

IMD 0354 is an IKKβ inhibitor and blocks IκBα phosphorylation in NF-κβ pathway.

S3615

Dehydrocostus Lactone

S3612

Rosmarinic acid

S8078

Bardoxolone Methyl

Bardoxolone Methylは1種のIKK 阻害剤で、有効なアポトーシス促進性と抗炎活性を表示します。このIC50値は10 μMです。臨床3期。

S8044

BMS-345541

BMS-345541 is a highly selective inhibitor of the catalytic subunits of IKK-2 and IKK-1 with IC50 of 0.3 μM and 4 μM, respectively.

S4907

SC-514

SC-514は経口活性、ATP競合IKK-2の阻害剤で、IC50 が 3-12 μMです。

S1681

Mesalamine

Mesalamine is an anti-inflammatory compound.

S7352

Bay 11-7085

BAY 11-7085は1種、TNFαによる誘導したIκBαリン酸化の不可逆な阻害剤です。このIC50値は10 μMです。

S7851

AZD3264

AZD3264は1種の新たなIKK2阻害剤です。

S7697

LY2409881

LY2409881は1種の有効的な、セレクティブIKK2阻害剤(IC50:30 nM)です。セレクティブティについて、IKK1と他の普通キナーゼより10倍以上が高くなります。

S7691

PS-1145

PS-1145は1種の特異性のIKK阻害剤です。このIC50値は88nMです。

S7441

WS3

WS3は1種のβ細胞増殖誘導剤で、EBP1 (Erb3 binding protein-1)とIκB キナーゼ経路を調節することを通じて、役に立ちます。

S7442

WS6

WS6は1種のβ細胞増殖誘導剤で、EBP1 (Erb3 binding protein-1)とIκB キナーゼ経路を調節することを通じて、役に立ちます。

S7948

MRT67307 HCl

MRT67307は1種の有効的で、二重のKKϵ /TBK1阻害剤です。この2つIC50値は160と19 nMに分かれます。