微小管関連

信号経路図

研究分野

  • 阻害剤の選択性比較
  • 溶解度
カタログ番号 製品カタログ 溶解度(25°C)
DMSO アルコール
S1150 Paclitaxel <1 mg/mL 171 mg/mL 18 mg/mL
S1148 Docetaxel <1 mg/mL 100 mg/mL 53 mg/mL
S1241 Vincristine sulfate 60 mg/mL 100 mg/mL <1 mg/mL
S1364 Patupilone (EPO906, Epothilone B) <1 mg/mL 102 mg/mL 102 mg/mL
S1165 ABT-751 (E7010) <1 mg/mL 74 mg/mL 12 mg/mL
S2775 Nocodazole <1 mg/mL 7 mg/mL <1 mg/mL
S3022 Cabazitaxel <1 mg/mL 100 mg/mL <1 mg/mL
S1248 Vinblastine <1 mg/mL 68 mg/mL 6 mg/mL
S2195 Lexibulin (CYT997) <1 mg/mL 86 mg/mL 20 mg/mL
S1297 Epothilone A <1 mg/mL 99 mg/mL 99 mg/mL
S7204 Fosbretabulin (Combretastatin A4 Phosphate (CA4P)) Disodium 28 mg/mL <1 mg/mL <1 mg/mL
S1640 Albendazole <1 mg/mL 17 mg/mL <1 mg/mL
S2209 Vinflunine Tartrate 66 mg/mL 100 mg/mL 11 mg/mL
S7336 CW069 <1 mg/mL 100 mg/mL 4 mg/mL
S1836 Albendazole Oxide <1 mg/mL 11 mg/mL <1 mg/mL
S7721 Monomethyl auristatin E (MMAE) <1 mg/mL 100 mg/mL 100 mg/mL
S4114 Triclabendazole <1 mg/mL 72 mg/mL <1 mg/mL
S7787 Docetaxel Trihydrate <1 mg/mL 100 mg/mL 100 mg/mL
S7783 Combretastatin A4 <1 mg/mL 63 mg/mL 34 mg/mL
S4071 Griseofulvin <1 mg/mL 50 mg/mL <1 mg/mL
S7762 TRx0237 (LMTX) mesylate 95 mg/mL 95 mg/mL <1 mg/mL
S7497 CK-636 <1 mg/mL 57 mg/mL 50 mg/mL
S4269 Vinorelbine Tartrate 100 mg/mL 100 mg/mL 100 mg/mL
S7495 TAI-1 <1 mg/mL 86 mg/mL <1 mg/mL
S7930 Ixabepilone (BMS-247550) <1 mg/mL 100 mg/mL 100 mg/mL
S4505 Vinblastine sulfate <1 mg/mL 100 mg/mL <1 mg/mL
S7493 INH1 <1 mg/mL 61 mg/mL 61 mg/mL
S7494 INH6 <1 mg/mL 64 mg/mL 11 mg/mL
製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S1150

Paclitaxel

Paclitaxelは一種microtubulポリマー(polymer)安定剤で、人間内皮細胞の中にIC50値が0.1 pMです。

S1148

Docetaxel

Docetaxelは一種のtaxol類似物で、一種のマイクロチューブ解重合阻害剤ですが、安定なマイクロチューブと結合することを通じて、役立ちます。

S1241

Vincristine sulfate

Vincristine sulfateは一種の、チューブと結合することを通じて、マイクロチューブ重合を抑制する阻害剤で、無細胞試験でこのIC50値が32μMです。

S1364

Patupilone (EPO906, Epothilone B)

Patupilone (EPO906, Epothilone B) は、一種のパクリタキセ(paclitaxel)のようなマイクロチューブ安定剤で、 EC0.01が1.8μM。臨床2期。

S1165

ABT-751 (E7010)

ABT-751 (E7010)はβ-tubulinのコルヒチンサイト(colchicine site )と結合して、マイクロチューブの重合を抑制しますが、MDR輸送基質を抑制しなくて、抗Vincristine、DoxorubicinとCisplatinの細胞系に有効に作用します。臨床 1/2期。

S2775

Nocodazole

Nocodazoleは一種のマイクロチューブ重合で、迅速可逆的な阻害剤で、無細胞試験でAbl、Abl(E255K)とAbl(T315I)を抑制する時のIC50値が0.21μM、0.53μMと0.64μMにそれぞれ分かれることです。

S3022

Cabazitaxel

Cabazitaxelは一種の半合成天然なタキソイド(taxoid.)の派生物です。

S1248

Vinblastine

Vinblastineはマイクロチューブ形成とnAChR活性を抑制して、無細胞試験でIC50値が8.9μMになりますが、いくつかの種類癌症の治療に使用されます。

S2195

Lexibulin (CYT997)

Lexibulin (CYT997)は一種の有効なマイクロチューブ重合阻害剤で、癌細胞系にIC50値が10-100 nMです。臨床2期。

S1297

Epothilone A

Epothilone Aは一種のパクリタキセ(paclitaxel)のようなマイクロチューブ安定剤で、EC0.0値が2μMです。

S7204

Fosbretabulin (Combretastatin A4 Phosphate (CA4P)) Disodium

Fosbretabulin (Combretastatin A4 Phosphate (CA4P)) Disodiumは水溶性のCA4(Combretastatin A4 )前駆薬ですが、マイクロチューブに作用することで、βチューブリンと結合して、無細胞試験でこのKd値が0.4μMになりますし、チューブリンの重合を抑制して、このIC50値が2.4μMになって、腫瘍血管にも妨害します。臨床3期。

S1640

Albendazole

Albendazoleは一種のベンズイミダゾール(benzimidazole)化合物ですが、各種のウォーム(worm)感染の治療に使用されます。

S2209

Vinflunine Tartrate

Vinflunine Tartrateは一種の新たなビンカアルカロイド(vinca alkaloid)薬物で、フッ素化(fluorinat)を通じて、有糸分裂滞在の特性をしていることですし、チューブリンと相互作用の活性もしています。臨床3期。

S7336

CW069

CW069は一種の構造変容で、選択性的なmicrotubule motor protein HSET阻害剤で、IC50値が75μMですが、microtubule motor protein HSETに作用する選択性はKSPに作用する選択性より著しく高いです。

S1836

Albendazole Oxide

Albendazole Oxideは一種のチューブリン重合或いは組み立ての阻害剤で、様々な寄生虫感染の治療に使用されます。

S7721

Monomethyl auristatin E (MMAE)

Monomethyl auristatin E (MMAE) is a synthetic antineoplastic agent, which is linked to a monoclonal antibody (MAB).

S4114

Triclabendazole

Triclabendazoleは一種のベンズイミダゾール(benzimidazole)ですが、チューブリンと結合して、細胞内の運輸メカニズムを損害して、タンパク質の合成を妨害します。

S7787

Docetaxel Trihydrate

Docetaxel Trihydrateは一種のパクリタキセ(paclitaxel)の類似物で、一種のマイクロチューブ解重合の阻害剤ですが、安定なマイクロチューブと結合することを通じて、役立ちます。

S7783

Combretastatin A4

Combretastatin A4は一種のマイクロチューブをターゲットにする試薬ですが、βチューブリンと結合する時のKd値が0.4μMです。臨床3期。

S4071

Griseofulvin

Griseofulvinは一種の灰黄黴菌からの産物ですが、マイクロチューブの功能を妨害することを通じて、細胞の有系分裂を抑制することが出来ます。

S7762

TRx0237 (LMTX) mesylate

TRx 0237 (LMTX™) mesylateは二代目のtauタンパク質集合阻害剤ですが、アルツハイマー病と前頭側頭型痴呆の治療に使用されます。

S7497

CK-636

CK-636は一種のArp2/3複合阻害剤ですが、人間、分裂酵母とbovine Arp2/3複合物が誘導されたアクチン(actin)重合を抑制する時のIC50値が4μM、24μMと32μMに分かれます。

S4269

Vinorelbine Tartrate

Vinorelbine Tartrateは一種の半合成のビンカアルカロイド(vinca alkaloid)で、チューブリンとの相互作用を通じて、有糸分裂を抑制することです。

S7495

TAI-1

TAI-1は一種の有効で、特異性的なHec1阻害剤で、Hec1-Nek2タンパク質相互作用を混乱させることです。

S7930

Ixabepilone (BMS-247550)

Ixabepiloneは一種の生物利用可能なマイクロチューブの経口阻害剤ですが、チューブリンと結合することが出来ることとチューブリン重合とチューブリン安定を促進することで、細胞周期G2-M期に細胞を留まらせて、腫瘍細胞のアポトーシスを誘導します。

S4505

Vinblastine sulfate

Vinblastine sulfateはマイクロチューブ形成とnAChR活性を抑制して、無細胞試験でIC50値が8.9μMになりますが、いくつかの種類癌症の治療に使用されます。

S7493

INH1

INH1は一種の細胞浸透性的なHec1阻害剤で、Hec1/Nek2相互作用を特異性的に破壊することです。

S7494

INH6

INH6は一種の有効なHec1阻害剤で、Hec1/Nek2相互作用を特異性的に破壊することですし、染色体排列異常を引き起こします。

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S1150

Paclitaxel

Paclitaxelは一種microtubulポリマー(polymer)安定剤で、人間内皮細胞の中にIC50値が0.1 pMです。

S1148

Docetaxel

Docetaxelは一種のtaxol類似物で、一種のマイクロチューブ解重合阻害剤ですが、安定なマイクロチューブと結合することを通じて、役立ちます。

S1241

Vincristine sulfate

Vincristine sulfateは一種の、チューブと結合することを通じて、マイクロチューブ重合を抑制する阻害剤で、無細胞試験でこのIC50値が32μMです。

S1364

Patupilone (EPO906, Epothilone B)

Patupilone (EPO906, Epothilone B) は、一種のパクリタキセ(paclitaxel)のようなマイクロチューブ安定剤で、 EC0.01が1.8μM。臨床2期。

S1165

ABT-751 (E7010)

ABT-751 (E7010)はβ-tubulinのコルヒチンサイト(colchicine site )と結合して、マイクロチューブの重合を抑制しますが、MDR輸送基質を抑制しなくて、抗Vincristine、DoxorubicinとCisplatinの細胞系に有効に作用します。臨床 1/2期。

S2775

Nocodazole

Nocodazoleは一種のマイクロチューブ重合で、迅速可逆的な阻害剤で、無細胞試験でAbl、Abl(E255K)とAbl(T315I)を抑制する時のIC50値が0.21μM、0.53μMと0.64μMにそれぞれ分かれることです。

S3022

Cabazitaxel

Cabazitaxelは一種の半合成天然なタキソイド(taxoid.)の派生物です。

S1248

Vinblastine

Vinblastineはマイクロチューブ形成とnAChR活性を抑制して、無細胞試験でIC50値が8.9μMになりますが、いくつかの種類癌症の治療に使用されます。

S2195

Lexibulin (CYT997)

Lexibulin (CYT997)は一種の有効なマイクロチューブ重合阻害剤で、癌細胞系にIC50値が10-100 nMです。臨床2期。

S1297

Epothilone A

Epothilone Aは一種のパクリタキセ(paclitaxel)のようなマイクロチューブ安定剤で、EC0.0値が2μMです。

S7204

Fosbretabulin (Combretastatin A4 Phosphate (CA4P)) Disodium

Fosbretabulin (Combretastatin A4 Phosphate (CA4P)) Disodiumは水溶性のCA4(Combretastatin A4 )前駆薬ですが、マイクロチューブに作用することで、βチューブリンと結合して、無細胞試験でこのKd値が0.4μMになりますし、チューブリンの重合を抑制して、このIC50値が2.4μMになって、腫瘍血管にも妨害します。臨床3期。

S1640

Albendazole

Albendazoleは一種のベンズイミダゾール(benzimidazole)化合物ですが、各種のウォーム(worm)感染の治療に使用されます。

S2209

Vinflunine Tartrate

Vinflunine Tartrateは一種の新たなビンカアルカロイド(vinca alkaloid)薬物で、フッ素化(fluorinat)を通じて、有糸分裂滞在の特性をしていることですし、チューブリンと相互作用の活性もしています。臨床3期。

S7336

CW069

CW069は一種の構造変容で、選択性的なmicrotubule motor protein HSET阻害剤で、IC50値が75μMですが、microtubule motor protein HSETに作用する選択性はKSPに作用する選択性より著しく高いです。

S1836

Albendazole Oxide

Albendazole Oxideは一種のチューブリン重合或いは組み立ての阻害剤で、様々な寄生虫感染の治療に使用されます。

S7721

Monomethyl auristatin E (MMAE)

Monomethyl auristatin E (MMAE) is a synthetic antineoplastic agent, which is linked to a monoclonal antibody (MAB).

S4114

Triclabendazole

Triclabendazoleは一種のベンズイミダゾール(benzimidazole)ですが、チューブリンと結合して、細胞内の運輸メカニズムを損害して、タンパク質の合成を妨害します。

S7787

Docetaxel Trihydrate

Docetaxel Trihydrateは一種のパクリタキセ(paclitaxel)の類似物で、一種のマイクロチューブ解重合の阻害剤ですが、安定なマイクロチューブと結合することを通じて、役立ちます。

S7783

Combretastatin A4

Combretastatin A4は一種のマイクロチューブをターゲットにする試薬ですが、βチューブリンと結合する時のKd値が0.4μMです。臨床3期。

S4071

Griseofulvin

Griseofulvinは一種の灰黄黴菌からの産物ですが、マイクロチューブの功能を妨害することを通じて、細胞の有系分裂を抑制することが出来ます。

S7762

TRx0237 (LMTX) mesylate

TRx 0237 (LMTX™) mesylateは二代目のtauタンパク質集合阻害剤ですが、アルツハイマー病と前頭側頭型痴呆の治療に使用されます。

S7497

CK-636

CK-636は一種のArp2/3複合阻害剤ですが、人間、分裂酵母とbovine Arp2/3複合物が誘導されたアクチン(actin)重合を抑制する時のIC50値が4μM、24μMと32μMに分かれます。

S4269

Vinorelbine Tartrate

Vinorelbine Tartrateは一種の半合成のビンカアルカロイド(vinca alkaloid)で、チューブリンとの相互作用を通じて、有糸分裂を抑制することです。

S7495

TAI-1

TAI-1は一種の有効で、特異性的なHec1阻害剤で、Hec1-Nek2タンパク質相互作用を混乱させることです。

S7930

Ixabepilone (BMS-247550)

Ixabepiloneは一種の生物利用可能なマイクロチューブの経口阻害剤ですが、チューブリンと結合することが出来ることとチューブリン重合とチューブリン安定を促進することで、細胞周期G2-M期に細胞を留まらせて、腫瘍細胞のアポトーシスを誘導します。

S4505

Vinblastine sulfate

Vinblastine sulfateはマイクロチューブ形成とnAChR活性を抑制して、無細胞試験でIC50値が8.9μMになりますが、いくつかの種類癌症の治療に使用されます。

S7493

INH1

INH1は一種の細胞浸透性的なHec1阻害剤で、Hec1/Nek2相互作用を特異性的に破壊することです。

S7494

INH6

INH6は一種の有効なHec1阻害剤で、Hec1/Nek2相互作用を特異性的に破壊することですし、染色体排列異常を引き起こします。

Tags: microtubule inhibition | microtubule drugs | microtubule cancer | microtubule assay | microtubule phosphorylation | tubulin pathway | microtubule poison | microtubule inhibitors cancer | microtubule inhibitor drugs | microtubule inhibitor review