Wnt/beta-catenin

信号経路図

研究分野

  • 阻害剤の選択性比較
  • 溶解度
カタログ番号 製品カタログ 溶解度(25°C)
DMSO アルコール
S1180 XAV939 <1 mg/mL 12 mg/mL <1 mg/mL
S2662 ICG-001 <1 mg/mL 100 mg/mL 10 mg/mL
S7086 IWR-1-endo <1 mg/mL 21 mg/mL <1 mg/mL
S7037 Wnt-C59 (C59) <1 mg/mL 76 mg/mL <1 mg/mL
S7143 LGK974 <1 mg/mL 79 mg/mL <1 mg/mL
S8474 LF3 <1 mg/mL 83 mg/mL 5 mg/mL
S7954 CP21R7 (CP21) <1 mg/mL 63 mg/mL 1 mg/mL
S8392 NCB-0846 <1 mg/mL 75 mg/mL 2 mg/mL
S8429 PNU-74654 <1 mg/mL 64 mg/mL 10 mg/mL
S8129 Salinomycin (from Streptomyces albus) <1 mg/mL 100 mg/mL 79 mg/mL
S8320 SKL2001 <1 mg/mL 57 mg/mL 57 mg/mL
S8327 KYA1797K 29 mg/mL 29 mg/mL <1 mg/mL
S7096 KY02111 <1 mg/mL 75 mg/mL <1 mg/mL
S7085 IWP-2 <1 mg/mL 4 mg/mL <1 mg/mL
S7301 IWP-L6 <1 mg/mL 25 mg/mL <1 mg/mL
S8178 Wnt agonist 1 <1 mg/mL 77 mg/mL <1 mg/mL
S7484 FH535 <1 mg/mL 72 mg/mL <1 mg/mL
S7490 WIKI4 <1 mg/mL 7 mg/mL <1 mg/mL
S8262 PRI-724 <1 mg/mL 100 mg/mL 100 mg/mL
S8248 IQ-1 <1 mg/mL 72 mg/mL 7 mg/mL
製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S1180

XAV939

XAV-939はtankyrase1/2を抑制することを通じて、Wnt/β-cateninが媒介した転写を選択制的に抑制して、無細胞試験でIC50値が11 nM/4 nMになりますが、アキシンレベル(axin level)を調節して、 CRE、NF-κBとTGF-βに作用を表しません。

S2662

ICG-001

ICG-001はWnt/β-catenin/TCFが媒介した転写を拮抗して、CBP(element-binding protein)に特異性的に結合して、このIC50値が3μMになりますが、関連の転写共活性化因子p300に結合することができません。

S7086

IWR-1-endo

IWR-1-endoは一種のWnt経路阻害剤で、表現Wnt3AのL細胞の中にIC50値が180 nMですが、Axin2のタンパク質レベルを誘導して、Axin骨組みを安定させて、複合体を破壊することを通じて、β-cateninのリン酸化を促進します。

S7037

Wnt-C59 (C59)

Wnt-C59 (C59)は1種のPORCN阻害剤で、Wnt3Aが媒介した、多量(multimerized)TCF結合サイトが推進するルシフェラーゼの活性に作用します。Wnt-C59 (C59)はHEK293細胞の中で、IC50値は74 pMです。

S7143

LGK974

LGK-974は一種の有効で、特異性的なPORCN阻害剤で、Wnt信号経路を抑制して、TM3細胞の中にIC50値が0.4 nMです。臨床1期。

S8474

LF3

S7954

CP21R7 (CP21)

S8392

NCB-0846

S8429

PNU-74654

S8129

Salinomycin (from Streptomyces albus)

S8327

KYA1797K

KYA1797Kは一種の有効で、高度選択性的なWnt/β-catenin阻害剤で、TOPflash試験でIC50値が0.75μMです。

S7096

KY02111

KY02111はWnt信号を抑制することを通じて、hPSCsを心筋細胞に分化することを促進して、APCとGSK3βの下流(downstream)に役立つ可能性があります。

S7085

IWP-2

IWP-2は1種のWnt信号と分泌の阻害剤です。無細胞試験の中で、IWP-2はIC50値が27 nMで、Porcnが媒介した(mediated)Wntパルミチン酸化(palmitoylation)を選択性的に遮断し、Wnt/β-カテニン(catenin)に一般的に影響を与えなくて、Wntが刺激された細胞反応に影響を齎しません。

S7301

IWP-L6

IWP-L6は1種の有効なPorcn阻害剤で、EC50値は0.5 nMです。

S7484

FH535

FH535は1種のWnt/β-catenin信号伝導阻害剤で、同時に、PPARγとPPARδの二重拮抗剤です。

S7490

WIKI4

WIKI4は1種の新たなタンキラーゼ(Tankyrase)阻害剤で、TNKS2に作用する時のIC50値は15 nMです。WIKI4はWnt/ßカテニン(catenin)信号経路にも抑制作用を与えます。

S8262

PRI-724

腫瘍幹細胞の中でPRI-724は有効な正典Wnt信号経路の特異性阻害剤で、潜在的な抗腫瘍活性を持っていることです。PRI-724はbeta-cateninと自身の共活性化因子(coactivator )CBPの補充を抑制します。

S8248

IQ-1

S8320

SKL2001

SKL2001は一種の新たなWnt/β-catenin信号経路作動薬で、Axin/β-cateninの相互作用を破壊することです。

S8178

Wnt agonist 1

Wnt agonist 1は1種の細胞浸透可のWnt信号経路活性剤で、β-cateninとTCF-依頼転写活性を抑制します。このEC50値は0.7 μMです。

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S1180

XAV939

XAV-939はtankyrase1/2を抑制することを通じて、Wnt/β-cateninが媒介した転写を選択制的に抑制して、無細胞試験でIC50値が11 nM/4 nMになりますが、アキシンレベル(axin level)を調節して、 CRE、NF-κBとTGF-βに作用を表しません。

S2662

ICG-001

ICG-001はWnt/β-catenin/TCFが媒介した転写を拮抗して、CBP(element-binding protein)に特異性的に結合して、このIC50値が3μMになりますが、関連の転写共活性化因子p300に結合することができません。

S7086

IWR-1-endo

IWR-1-endoは一種のWnt経路阻害剤で、表現Wnt3AのL細胞の中にIC50値が180 nMですが、Axin2のタンパク質レベルを誘導して、Axin骨組みを安定させて、複合体を破壊することを通じて、β-cateninのリン酸化を促進します。

S7037

Wnt-C59 (C59)

Wnt-C59 (C59)は1種のPORCN阻害剤で、Wnt3Aが媒介した、多量(multimerized)TCF結合サイトが推進するルシフェラーゼの活性に作用します。Wnt-C59 (C59)はHEK293細胞の中で、IC50値は74 pMです。

S7143

LGK974

LGK-974は一種の有効で、特異性的なPORCN阻害剤で、Wnt信号経路を抑制して、TM3細胞の中にIC50値が0.4 nMです。臨床1期。

S8474

LF3

S7954

CP21R7 (CP21)

S8392

NCB-0846

S8429

PNU-74654

S8129

Salinomycin (from Streptomyces albus)

S8327

KYA1797K

KYA1797Kは一種の有効で、高度選択性的なWnt/β-catenin阻害剤で、TOPflash試験でIC50値が0.75μMです。

S7096

KY02111

KY02111はWnt信号を抑制することを通じて、hPSCsを心筋細胞に分化することを促進して、APCとGSK3βの下流(downstream)に役立つ可能性があります。

S7085

IWP-2

IWP-2は1種のWnt信号と分泌の阻害剤です。無細胞試験の中で、IWP-2はIC50値が27 nMで、Porcnが媒介した(mediated)Wntパルミチン酸化(palmitoylation)を選択性的に遮断し、Wnt/β-カテニン(catenin)に一般的に影響を与えなくて、Wntが刺激された細胞反応に影響を齎しません。

S7301

IWP-L6

IWP-L6は1種の有効なPorcn阻害剤で、EC50値は0.5 nMです。

S7484

FH535

FH535は1種のWnt/β-catenin信号伝導阻害剤で、同時に、PPARγとPPARδの二重拮抗剤です。

S7490

WIKI4

WIKI4は1種の新たなタンキラーゼ(Tankyrase)阻害剤で、TNKS2に作用する時のIC50値は15 nMです。WIKI4はWnt/ßカテニン(catenin)信号経路にも抑制作用を与えます。

S8262

PRI-724

腫瘍幹細胞の中でPRI-724は有効な正典Wnt信号経路の特異性阻害剤で、潜在的な抗腫瘍活性を持っていることです。PRI-724はbeta-cateninと自身の共活性化因子(coactivator )CBPの補充を抑制します。

S8248

IQ-1

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S8178

Wnt agonist 1

Wnt agonist 1は1種の細胞浸透可のWnt信号経路活性剤で、β-cateninとTCF-依頼転写活性を抑制します。このEC50値は0.7 μMです。

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S8320

SKL2001

SKL2001は一種の新たなWnt/β-catenin信号経路作動薬で、Axin/β-cateninの相互作用を破壊することです。

Tags: Wnt inhibition | Wnt signaling | Wnt pathway | Wnt cancer | beta-catenin signaling | beta-catenin pathway | beta-catenin cancer | Wnt beta-catenin pathway | Wnt activation | Wnt tumor | beta-catenin activation | beta-catenin tumor | beta-catenin phosphorylation | Wnt activity | β-catenin signaling | beta-catenin mutation | Wnt assay | Wnt mutation | Wnt drug | beta-catenin assay | Wnt inhibitors clinical trials | Wnt inhibitor review