Src

信号経路図

研究分野

  • 阻害剤の選択性比較
  • 溶解度
カタログ番号 製品カタログ 溶解度(25°C)
DMSO アルコール
S1021 Dasatinib <1 mg/mL 98 mg/mL <1 mg/mL
S1006 Saracatinib (AZD0530) <1 mg/mL 35 mg/mL 31 mg/mL
S1014 Bosutinib (SKI-606) <1 mg/mL 100 mg/mL 2 mg/mL
S2700 KX2-391 <1 mg/mL 86 mg/mL <1 mg/mL
S2202 NVP-BHG712 <1 mg/mL 101 mg/mL 3 mg/mL
S7743 CCT196969 <1 mg/mL 100 mg/mL <1 mg/mL
S7008 PP2 <1 mg/mL 60 mg/mL 2 mg/mL
S7060 PP1 <1 mg/mL 4 mg/mL <1 mg/mL
S4921 MNS (3,4-Methylenedioxy-β-nitrostyrene) <1 mg/mL 39 mg/mL <1 mg/mL
S7565 WH-4-023 <1 mg/mL 12 mg/mL 6 mg/mL
S7782 Dasatinib Monohydrate <1 mg/mL 21 mg/mL <1 mg/mL
S2391 Quercetin <1 mg/mL 61 mg/mL 10 mg/mL
S7774 SU6656 <1 mg/mL 74 mg/mL <1 mg/mL
製品コード 製品説明 文献中の引用 お客様のフィードバック
S1021

Dasatinib

Dasatinibは一種の新たで、有効な多ターゲット阻害剤で、無細胞試験でAbl、Srcとc-Kitに作用する時のIC50値が1 nM以下、0.8 nMと79 nMにそれぞれ分かれることです。

S1006

Saracatinib (AZD0530)

Saracatinib (AZD0530)は一種の有効なSrc阻害剤で、無細胞試験でIC50値が2.7 nMです。Saracatinib (AZD0530)はc-Yes、Fyn、Lyn、Blk、FgrとLckにも活性をしていますが、AblとEGFR (L858RとL861Q)に作用する活性が低いです。臨床2/3期。

S1014

Bosutinib (SKI-606)

Bosutinib (SKI-606)は一種の新たな二重Src/Abl阻害剤で、無細胞試験でIC50値が1.2 nMと1 nMです。

S2700

KX2-391

KX2-391は初めの臨床Src阻害剤(ペプチド模倣型)で、Srcのペプチド基質サイトに作用することです。KX2-391は癌細胞系にGI50値が9-60 nMです。臨床2期。

S2202

NVP-BHG712

NVP-BHG712は一種の特異性的なEphB4阻害剤で、ED50値が25 nMです。NVP-BHG712はVEGFRとEphB4の間に区別されて、c-Raf、c-Srcとc-Ablを抑制する時の0.395μM、1.266μMと1.667μMにそれぞれ分かれます。

S7743

CCT196969

S7008

PP2

PP2は一種のSrc家族キナーゼ阻害剤で、無細胞試験でLck/Fynに作用する時のIC50値が4 nM/5 nMです。PP2は、Srcに作用する効果はEGFRに作用する効果より100倍が高くなりますが、ZAP-70、JAK2とPKAに活性を表しません。

S7060

PP1

PP1は一種の有効で、選択性的なSrc阻害剤で、Lck/Fynに作用する時のIC50値が5 nM/6 nMです。

S4921

MNS (3,4-Methylenedioxy-β-nitrostyrene)

MNSは一種のチロシンキナーゼ阻害剤で、Syk、Srcとp97に作用する時の IC50値が2.5μM、29.3μMと1.7μMです。

S7565

WH-4-023

WH-4-023は一種の有効で、経口活性をしているLck/Src阻害剤で、無細胞試験でIC50値が2 nM と6 nMです。

S7782

Dasatinib Monohydrate

Dasatinib Monohydrateは一種の新たで、有効な多ターゲット阻害剤で、Abl、Srcとc-Kitに作用する時のIC50値が1 nM以下、0.8 nMと79 nMにそれぞれ分かれることです。

S2391

Quercetin

Quercetinは青物、果物とワインの一種天然フラボノイド(flavonoid)化合物で、一種の体外組替えSirt1タンパク質活性剤で、同時に一種のPI3K阻害剤です。このIC50値は2.4 – 5.4μMです。臨床4期。

S7774

SU6656

SU6656は一種の選択性的なSrc家族キナーゼ阻害剤で、Src、Yes、LynとFynに作用する時の IC50値が280 nM、20 nM、130 nMと170 nMにそれぞれ分かれることです。

製品コード 製品説明 文献中の引用 お客様のフィードバック
S1021

Dasatinib

Dasatinibは一種の新たで、有効な多ターゲット阻害剤で、無細胞試験でAbl、Srcとc-Kitに作用する時のIC50値が1 nM以下、0.8 nMと79 nMにそれぞれ分かれることです。

S1006

Saracatinib (AZD0530)

Saracatinib (AZD0530)は一種の有効なSrc阻害剤で、無細胞試験でIC50値が2.7 nMです。Saracatinib (AZD0530)はc-Yes、Fyn、Lyn、Blk、FgrとLckにも活性をしていますが、AblとEGFR (L858RとL861Q)に作用する活性が低いです。臨床2/3期。

S1014

Bosutinib (SKI-606)

Bosutinib (SKI-606)は一種の新たな二重Src/Abl阻害剤で、無細胞試験でIC50値が1.2 nMと1 nMです。

S2700

KX2-391

KX2-391は初めの臨床Src阻害剤(ペプチド模倣型)で、Srcのペプチド基質サイトに作用することです。KX2-391は癌細胞系にGI50値が9-60 nMです。臨床2期。

S2202

NVP-BHG712

NVP-BHG712は一種の特異性的なEphB4阻害剤で、ED50値が25 nMです。NVP-BHG712はVEGFRとEphB4の間に区別されて、c-Raf、c-Srcとc-Ablを抑制する時の0.395μM、1.266μMと1.667μMにそれぞれ分かれます。

S7743

CCT196969

S7008

PP2

PP2は一種のSrc家族キナーゼ阻害剤で、無細胞試験でLck/Fynに作用する時のIC50値が4 nM/5 nMです。PP2は、Srcに作用する効果はEGFRに作用する効果より100倍が高くなりますが、ZAP-70、JAK2とPKAに活性を表しません。

S7060

PP1

PP1は一種の有効で、選択性的なSrc阻害剤で、Lck/Fynに作用する時のIC50値が5 nM/6 nMです。

S4921

MNS (3,4-Methylenedioxy-β-nitrostyrene)

MNSは一種のチロシンキナーゼ阻害剤で、Syk、Srcとp97に作用する時の IC50値が2.5μM、29.3μMと1.7μMです。

S7565

WH-4-023

WH-4-023は一種の有効で、経口活性をしているLck/Src阻害剤で、無細胞試験でIC50値が2 nM と6 nMです。

S7782

Dasatinib Monohydrate

Dasatinib Monohydrateは一種の新たで、有効な多ターゲット阻害剤で、Abl、Srcとc-Kitに作用する時のIC50値が1 nM以下、0.8 nMと79 nMにそれぞれ分かれることです。

S2391

Quercetin

Quercetinは青物、果物とワインの一種天然フラボノイド(flavonoid)化合物で、一種の体外組替えSirt1タンパク質活性剤で、同時に一種のPI3K阻害剤です。このIC50値は2.4 – 5.4μMです。臨床4期。

S7774

SU6656

SU6656は一種の選択性的なSrc家族キナーゼ阻害剤で、Src、Yes、LynとFynに作用する時の IC50値が280 nM、20 nM、130 nMと170 nMにそれぞれ分かれることです。

Tags: Src activation | Src kinase family | Src family kinases | Src activity | Src cancer | Src tyrosine kinase | Src pathway | Src phosphorylation | Src inhibition | Src kinase pathway | Src kinase assay | Src inhibitors cancer | Src inhibitor clinical trials | Src inhibitor review