PI3K

信号経路図

研究分野

  • 阻害剤の選択性比較
  • 溶解度
カタログ番号 製品カタログ 溶解度(25°C)
DMSO アルコール
S1009 Dactolisib (BEZ235, NVP-BEZ235) <1 mg/mL 0.01 mg/mL <1 mg/mL
S1065 Pictilisib (GDC-0941) <1 mg/mL 44 mg/mL <1 mg/mL
S1105 LY294002 <1 mg/mL 36 mg/mL 21 mg/mL
S2226 Idelalisib (CAL-101, GS-1101) <1 mg/mL 83 mg/mL 23 mg/mL
S2247 Buparlisib (BKM120, NVP-BKM120) <1 mg/mL 82 mg/mL 2 mg/mL
S8596 Autophinib <1 mg/mL 69 mg/mL <1 mg/mL
S8581 Serabelisib (INK-1117,MLN-1117,TAK-117) <1 mg/mL 16 mg/mL <1 mg/mL
S8330 IPI-549 <1 mg/mL 100 mg/mL 8 mg/mL
S8589 SF2523 <1 mg/mL 29 mg/mL 7 mg/mL
S8157 GDC-0326 <1 mg/mL 76 mg/mL 19 mg/mL
S7682 SAR405 <1 mg/mL 88 mg/mL 88 mg/mL
S8194 TGR-1202 <1 mg/mL 100 mg/mL 7 mg/mL
S8456 VPS34 inhibitor 1 (Compound 19, PIK-III analogue) <1 mg/mL 78 mg/mL <1 mg/mL
S7937 GSK2269557 <1 mg/mL 88 mg/mL 8 mg/mL
S7865 740 Y-P (PDGFR 740Y-P) 1 mg/mL -1 mg/mL -1 mg/mL
S8163 GDC-0084 <1 mg/mL 8 mg/mL <1 mg/mL
S1038 PI-103 <1 mg/mL 24 mg/mL <1 mg/mL
S2638 NU7441 (KU-57788) <1 mg/mL 4 mg/mL <1 mg/mL
S1169 TGX-221 <1 mg/mL 12 mg/mL <1 mg/mL
S1268 IC-87114 <1 mg/mL 0.66 mg/mL <1 mg/mL
S2758 Wortmannin <1 mg/mL 85 mg/mL <1 mg/mL
S1118 XL147 analogue <1 mg/mL 3 mg/mL <1 mg/mL
S1072 ZSTK474 <1 mg/mL 21 mg/mL <1 mg/mL
S2814 Alpelisib (BYL719) <1 mg/mL 88 mg/mL 2 mg/mL
S1410 AS-605240 <1 mg/mL 0.4 mg/mL <1 mg/mL
S1205 PIK-75 <1 mg/mL 4 mg/mL <1 mg/mL
S2767 3-Methyladenine (3-MA) 10 mg/mL 3 mg/mL 4 mg/mL
S2636 A66 <1 mg/mL 79 mg/mL 1 mg/mL
S1523 Voxtalisib (SAR245409, XL765) Analogue <1 mg/mL 12 mg/mL <1 mg/mL
S1489 PIK-93 <1 mg/mL 78 mg/mL <1 mg/mL
S2658 Omipalisib (GSK2126458, GSK458) <1 mg/mL 100 mg/mL <1 mg/mL
S1187 PIK-90 <1 mg/mL 0.28 mg/mL <1 mg/mL
S1462 AZD6482 <1 mg/mL 82 mg/mL 10 mg/mL
S2743 PF-04691502 <1 mg/mL 14 mg/mL <1 mg/mL
S2696 Apitolisib (GDC-0980, RG7422) <1 mg/mL 20 mg/mL <1 mg/mL
S1360 GSK1059615 <1 mg/mL 2 mg/mL <1 mg/mL
S7028 Duvelisib (IPI-145, INK1197) <1 mg/mL 83 mg/mL <1 mg/mL
S2628 Gedatolisib (PF-05212384, PKI-587) <1 mg/mL 2 mg/mL <1 mg/mL
S1352 TG100-115 <1 mg/mL 9 mg/mL <1 mg/mL
S2671 AS-252424 <1 mg/mL 61 mg/mL <1 mg/mL
S2749 BGT226 (NVP-BGT226) <1 mg/mL 30 mg/mL <1 mg/mL
S2759 CUDC-907 <1 mg/mL 102 mg/mL <1 mg/mL
S2227 PIK-294 <1 mg/mL 98 mg/mL <1 mg/mL
S2681 AS-604850 <1 mg/mL 57 mg/mL 5 mg/mL
S8002 GSK2636771 <1 mg/mL 28 mg/mL <1 mg/mL
S2802 Copanlisib (BAY 80-6946) 0.002 mg/mL 0.002 mg/mL 0.01 mg/mL
S1219 YM201636 <1 mg/mL 35 mg/mL <1 mg/mL
S2699 CH5132799 <1 mg/mL 12 mg/mL <1 mg/mL
S2682 CAY10505 <1 mg/mL 58 mg/mL <1 mg/mL
S2207 PIK-293 <1 mg/mL 80 mg/mL <1 mg/mL
S2739 PKI-402 <1 mg/mL 0.4 mg/mL <1 mg/mL
S2870 TG100713 <1 mg/mL 2 mg/mL <1 mg/mL
S7016 VS-5584 (SB2343) <1 mg/mL 71 mg/mL 3 mg/mL
S7103 Taselisib (GDC 0032) <1 mg/mL 70 mg/mL <1 mg/mL
S7018 CZC24832 <1 mg/mL 5 mg/mL <1 mg/mL
S7813 AMG319 <1 mg/mL 77 mg/mL 77 mg/mL
S7938 GSK2292767 <1 mg/mL 100 mg/mL <1 mg/mL
S7356 HS-173 <1 mg/mL 84 mg/mL <1 mg/mL
S2391 Quercetin <1 mg/mL 61 mg/mL 10 mg/mL
S7646 Voxtalisib (XL765, SAR245409) <1 mg/mL 54 mg/mL <1 mg/mL
S7798 GNE-317 <1 mg/mL 47 mg/mL <1 mg/mL
S8322 LY3023414 <1 mg/mL 47 mg/mL 61 mg/mL
S7980 VPS34-IN1 <1 mg/mL 85 mg/mL 85 mg/mL
S7683 PIK-III <1 mg/mL 63 mg/mL 63 mg/mL
S7623 PI-3065 <1 mg/mL 50 mg/mL <1 mg/mL
S7645 Pilaralisib (XL147) <1 mg/mL 100 mg/mL <1 mg/mL
S7966 AZD8835 <1 mg/mL 93 mg/mL <1 mg/mL
S7675 PF-4989216 <1 mg/mL 76 mg/mL 7 mg/mL
S7694 AZD8186 <1 mg/mL 91 mg/mL 35 mg/mL

亜型選択性的な製品

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S1009

Dactolisib (BEZ235, NVP-BEZ235)

Dactolisib (BEZ235, NVP-BEZ235)は一種の二重ATP競争性PI3KとmTOR阻害剤で、無細胞試験でp110α/γ/δ/β/mTOR(p70S6K)を抑制する時のIC50値は 4 nM /5 nM /7 nM /75 nM /6 nMそれぞれ分かれます。BEZ235 (NVP-BEZ235,Dactolisib)はT3TopBP1-ER 細胞の中でATRを抑制して、IC50 値が21 nMになって、Akt とPDK1に作用することが弱くなります。臨床2期。

S1065

Pictilisib (GDC-0941)

Pictilisib (GDC-0941)は1種の有効なPI3Kα/δ阻害剤です。無細胞試験で、Pictilisib (GDC-0941)はPI3Kα/δに作用する時の IC50値は 3 nM で、p110β (11倍) とp110γ (25倍)に適合な選択性をしています。臨床2期。

S1105

LY294002

LY294002は初めての周知されたPI3Kα/δ/βを抑制する小分子で、無細胞試験でIC50値が0.5 μM/0.57 μM/0.97 μM に分かれることですが、溶液にの状態はWortmanninにの状態よりもっと安定になりって、自食体の形成も遮断できます。

S2226

Idelalisib (CAL-101, GS-1101)

Idelalisib (CAL-101, GS-1101)は1種のセレクティブp110δ阻害剤です。無細胞試験で、IC50値は2.5 nMです。CAL-101 (Idelalisib, GS-1101)はp110δに表現する選択性はp110α/β/γに表現する選択性 より40-300倍が高くなって、C2β、hVPS34、DNA-PK とmTORに表現する選択性より400-4000倍が高くなります。

S2247

Buparlisib (BKM120, NVP-BKM120)

Buparlisib (BKM120, NVP-BKM120)は1種のセレクティブPI3K阻害剤で、無細胞試験でp110α/β/δ/γに作用する時のIC50値は52 nM/166 nM/116 nM/262 nMそれぞれに分かれます。BKM120 (NVP-BKM120, Buparlisib)はVPS34、mTORとDNAPKに作用する効果が良くなくて、PI4Kβにほとんど活性を表しません。臨床2期。

S8596

Autophinib

S8581

Serabelisib (INK-1117,MLN-1117,TAK-117)

S8330

IPI-549

S8589

SF2523

S8157

GDC-0326

S7682

SAR405

S8194

TGR-1202

S8456

VPS34 inhibitor 1 (Compound 19, PIK-III analogue)

S7937

GSK2269557

S7865

740 Y-P (PDGFR 740Y-P)

S8163

GDC-0084

S1038

PI-103

PI-103は一種の多ターゲットPI3K阻害剤で、無細胞試験でp110α/β/δ/γに作用する時のIC50値は2 nM/3 nM/3 nM/15 nMです。PI-103はmTOR/DNA-PKに作用する効果が弱くて、このIC50値が30 nM/23 nMになります。

S2638

NU7441 (KU-57788)

NU7441 (KU-57788)は一種の高度有効的で、選択性的なDNA-PK阻害剤で、無細胞試験でIC50値が14 nMになって、PI3Kも抑制して、このIC50値が5μMになります。

S1169

TGX-221

TGX-221は1種のp110β特定な阻害剤です。無細胞試験でTGX-221はIC50値が5 nMで、p110βに作用する選択性はp110αに作用する選択性より1000倍が高くなります。

S1268

IC-87114

IC-87114は1種のセレクティブPI3Kδ阻害剤です。無細胞試験でIC-87114はIC50値が0.5 μMで、PI3Kδに作用する選択性はPI3Kγとα/βに作用する選択性より58倍、100倍がそれぞれ高くなります。

S2758

Wortmannin

Wortmanninは一種の初めての命名されたPI3K阻害剤で、無細胞試験でこのIC50値が3 nMですが、PI3K家族に作用する選択性は低くて、自食体の形成を抑制し、無細胞試験でDNA-PK/ATMを有効に抑制する時のIC50値が16 nMと150 nMに分かれます。

S1118

XL147 analogue

XL147 analogueは1種の選択性的で、可逆なI型PI3K阻害剤です。無細胞試験でXL147 analogueはPI3Kα/δ/γに作用する時のIC50値は39 nM/36 nM/23 nMそれぞれに分かれて、PI3Kβに作用する効果が少し弱くなります。臨床1/2期。

S1072

ZSTK474

ZSTK474はI型PI3K亜型を抑制して、無細胞試験でIC50値が37 nMです。ZSTK474はPI3Kδに対する作用が一番著しいです。臨床Phase 1/2。

S2814

Alpelisib (BYL719)

Alpelisib (BYL719)は1種の有効的で、セレクティブPI3Kα阻害剤です。無細胞試験でAlpelisib (BYL719)はIC50値が5 nMで、PI3Kβ/γ/δに対する作用が一番弱いです。臨床2期。

S1410

AS-605240

AS-605240はPI3Kγを選択性的に抑制します(IC50:8 nM)。無細胞試験でAS-605240はPI3Kγに作用する選択性はPI3Kδ/βとPI3Kαに作用する選択性より30倍、7.5倍以上がそれぞれ高くなります。

S1205

PIK-75

PIK-75は1種のp110α阻害剤で、このIC50値が5.8 nM です。PIK-75はp110αに作用する効果がp110βに作用する効果より200倍が高くなります。PIK-75はSer773でアイソフォーム特異性突然変異で、DNA-PKを有効に抑制します。無細胞試験でこのIC50値が2 nMです。

S2767

3-Methyladenine (3-MA)

3-Methyladenine (3-MA)は一種の選択性的なPI3K阻害剤で、HeLa細胞の中にVps34とPI3Kγに作用する時のIC50値が25μMと60μMに分かれることですが、I型PI3Kを永久性的に抑制しても、III型PI3Kを抑制することが一時になって、自食体の形成を遮断できます。

S2636

A66

A66は1種の有効な特異性p110α阻害剤で、無細胞試験でIC50値が32 nMです。A66はp110αに作用する選択性は他のI類PI3K亜型に作用する選択性より100倍以上が高くなります。

S1523

Voxtalisib (SAR245409, XL765) Analogue

Voxtalisib (SAR245409, XL765) Analogueは一種のmTOR/PI3Kに作用する二重阻害剤で、p110γに作用することが一番強くて、このIC50値が9 nMになって、DNA-PKとmTORも抑制します。臨床 1/2期。

S1489

PIK-93

PIK-93は1種の初めの有効的で、人工合成のPI4K(PI4KIIIβ)阻害剤で、このIC50値が19 nMで、PI3Kαも抑制して、このIC50値が39 nMです。

S2658

Omipalisib (GSK2126458, GSK458)

Omipalisib (GSK2126458, GSK458)は一種の高選択性的で、有効なp110α/β/γ/δと mTORC1/2阻害剤で、無細胞試験でKi値が0.019 nM/0.13 nM/0.024 nM/0.06 nMと0.18 nM/0.3 nMそれぞれ分かれます。臨床1期。

S1187

PIK-90

PIK-90は一種PI3Kα/γ/δ阻害剤で、このIC50値は11 nM/18 nM/58 nMそれぞれに分かれて、PI3Kβに作用する効果が少し弱くなります。

S1462

AZD6482

AZD6482は一種のPI3Kβ阻害剤で、無細胞試験でIC50値が10 nMで、PI3Kβに作用する選択性はPI3Kδ、PI3KαとPI3Kγに作用する選択性より8倍、87倍、109倍それぞれに高くなります。臨床1期。

S2743

PF-04691502

PF-04691502は一種のATP競争性のPI3K(α/β/δ/γ)/mTOR二重阻害剤で、無細胞試験でKi値1.8 nM/2.1 nM/1.6 nM/1.9 nM and 16 nMそれぞれに分かれて、Vps34、AKT、PDK1、p70S6K、MEK、ERK、p38とJNKにほとんど活性を表しません。臨床2期。

S2696

Apitolisib (GDC-0980, RG7422)

Apitolisib (GDC-0980, RG7422)は一種の有効なI型PI3K阻害剤で、無細胞試験でPI3Kα/β/δ/γに作用する時のIC50値が5 nM/27 nM/7 nM/14 nMそれぞれ分かれます。Apitolisib (GDC-0980, RG7422)も一種のmTOR阻害剤で、無細胞試験でKi値が17 nMになって、他のPIKK家族キナーゼに作用する選択性より高くなります。臨床2期。

S1360

GSK1059615

GSK1059615は一種のPI3Kα/β/δ/γ(可逆的)とmTORの二重阻害剤で、IC50値が0.4 nM/0.6 nM/2 nM/5 nMと12 nMそれぞれ分かれます。臨床1期。

S7028

Duvelisib (IPI-145, INK1197)

Duvelisib (IPI-145, INK1197)は一種の新たな選択性PI3K δ/γ阻害剤で、無細胞試験でKi値とIC50値は23 pM/243 pM と 1 nM/50 nMそれぞれに分かれます。Duvelisib (IPI-145, INK1197)は PI3K δ/γに作用する選択性は他のタンパク質キナーゼに作用する選択性より高くなります。臨床3期。

S2628

Gedatolisib (PF-05212384, PKI-587)

Gedatolisib (PF-05212384, PKI-587)は一種の有効な二重PI3Kα、PI3KγとmTOR阻害剤で、無細胞試験でIC50値が0.4 nM、5.4 nMと1.6 nMそれぞれに分かれます。臨床2期。

S1352

TG100-115

TG100-115は一種のPI3Kγ/δ阻害剤で、IC50値は83 nM/235 nMで、PI3Kα/βにほとんど抑制効果を表しません。臨床 1/2。

S2671

AS-252424

AS-252424は一種の新たで、有効なPI3Kγ阻害剤で、無細胞試験でIC50値は30 nMで、PI3Kγに作用する選択性はPI3Kαに作用する選択性より30倍が高くなって、PI3Kδ/βに低い抑制活性を表します。

S2749

BGT226 (NVP-BGT226)

BGT226 (NVP-BGT226)は一種の新たなI型PI3K/mTOR阻害剤で、PI3Kα/β/γに作用するIC50値が4 nM/63 nM/38 nMです。臨床 1/2。

S2759

CUDC-907

CUDC-907は一種のPI3KとHDAC二重阻害剤で、PI3KαとHDAC1/2/3/10に作用する時のIC50値が19 nMと1.7 nM/5 nM/1.8 nM/2.8 nMそれぞれに分かれます。臨床1期。

S2227

PIK-294

PIK-294は高選択性のp110δ阻害剤で、IC50値は10 nMで、p110δに作用する効果はPI3Kα/β/γに作用する効果より1000、49と16倍がそれぞれ高くなります。

S2681

AS-604850

AS-604850は一種の選択性的で、ATP競争性のPI3Kγ阻害剤で、IC50値は250 nMになって、PI3Kγに作用する選択性はPI3Kδ/βに作用する選択性より80倍以上が高くなって、PI3Kαに作用する選択性より18倍が高くなります。

S8002

GSK2636771

GSK2636771は一種の経口生物有効なPI3Kβ選択性阻害剤で、PTENヌル細胞(null cell)系に敏感です。臨床1/2期。

S2802

Copanlisib (BAY 80-6946)

Copanlisib (BAY 80-6946)は一種の有効なパン(pan)I型PI3K阻害剤で、無細胞試験でPI3Kα/β/γ/δに作用する時のIC50値は0.5、3.7、6.4と 0.7 nMそれぞれに分かれます。臨床3期。

S1219

YM201636

YM201636は一種の選択性のPIKfyve阻害剤で、IC50値が33 nMで、p110αに作用する効果が少し弱くて、Fabl(酵母オルソログ(orthologue)遺伝子)に敏感ではありません。

S2699

CH5132799

CH5132799はI型PI3Ks、特にPI3Kαを抑制して、このIC50値が14 nMになって、PI3Kβδγに作用する効果が少し弱くて、PIK3CA突然変異型細胞系に敏感です、臨床1期。

S2682

CAY10505

CAY10505はAS-252424のデヒドロキシル( dehydroxyl)化合物で、一種のPI3Kγ阻害剤で、このIC50値は33 nMです。

S2207

PIK-293

PIK-293は一種のPI3K阻害剤で、PI3Kδに一番有効に作用して、このIC50値が0.24μMです。PIK-293はPI3Kδに作用する効果はPI3Kα/β/γに作用する効果より500倍、100倍と50倍それぞれに分かれます。

S2739

PKI-402

PKI-402は一種の有効的で、パン(pan)PI3K/mTOR二重阻害剤で、PI3Kα/β/γ/δとmTORにターゲッティング作用する時のIC50値は2 nM/7 nM/16 nM/14 nMと3 nMそれぞれ分かれます。PKI-402もPI3Kα突然変異型E545KとH1047Rに有効に作用します。

S2870

TG100713

TG100713は一種のパン(pan)PI3K阻害剤で、PI3Kγ、PI3Kδ、PI3KαとPI3Kβに作用する時のIC50値は50 nM、24 nM、165 nMと215 nMそれぞれ分かれます。

S7016

VS-5584 (SB2343)

VS-5584 (SB2343)は一種の有効的で、セレクティブPI3K/mTOR二重阻害剤です。VS-5584 (SB2343)はmTORとPI3Kα/β/δ/γを抑制する時のIC50値が3.4 nMと2.6-21 nMに分かれます。臨床1期。

S7103

Taselisib (GDC 0032)

Taselisib (GDC 0032)は一種有効的で、次世代のβ亜型PI3K阻害剤で、PI3Kα/δ/γに作用する時のIC50値が0.29 nM/0.12 nM/0.97nMそれぞれ分かれます。GDC-0032はPI3Kα/δ/γに作用する選択性はPI3Kβに作用する選択性より10倍以上が高くなります。

S7018

CZC24832

CZC24832は初めのPI3Kγ選択性阻害剤で、IC50値が27 nMです。CZC24832はPI3Kγに作用する選択性はPI3Kβに作用する選択性より10倍が高くなって、PI3KαとPI3Kδに作用する選択性より100倍以上が高くなります。

S7813

AMG319

AMG319は1種の有効的で、セレクティブの PI3Kδ阻害剤です。この IC50値 は18 nMです。セレクティブについて、 PI3Kδは他のPI3Ksより47倍以上が高くなります。臨床2期。

S7938

GSK2292767

GSK2292767は1種の有効なで、選択性のPI3Kδ阻害剤です。

S7356

HS-173

HS-173は一種の有効なPI3Kα阻害剤で、このIC50値が0.8 nMです。

S2391

Quercetin

Quercetinは青物、果物とワインの一種天然フラボノイド(flavonoid)化合物で、一種の体外組替えSirt1タンパク質活性剤で、同時に一種のPI3K阻害剤です。このIC50値は2.4 – 5.4μMです。臨床4期。

S7646

Voxtalisib (XL765, SAR245409)

Voxtalisib ( XL765,SAR245409)はmTOR/PI3Kに作用する二重阻害剤で、p110γに作用することが一番強くて、このIC50値が9 nMです。Voxtalisib ( XL765,SAR245409)はDNA-PKとmTORも抑制します。臨床1/2。

S7798

GNE-317

GNE-317は一種の有効な大脳浸透性のPI3K阻害剤です。

S8322

LY3023414

(実験動物にとって)LY3023414は1種のATP競争性の経口阻害剤です。I類PI3K亜型、mTOR和DNA-PKを抑制します。

S7980

VPS34-IN1

Vps34-IN1はVps34の阻害剤です。体外実験で測定したIC50値は25 nMです。Vps34-IN1は1型と2型PI3Kに著しい抑制作用を与えません。

S7683

PIK-III

PIK-IIIは一種の選択性的なVPS34酵素活性の阻害剤ですが、細胞自食とLC3の改めての脂化(de novo lipidation)を抑制して、自食基質を安定させます。

S7623

PI-3065

PI-3065は一種の選択性p110δ阻害剤で、IC50値が15 nMです。PI-3065は選択性について、他のPI3K家族メンバーより70倍以上が高くなります。

S7645

Pilaralisib (XL147)

Pilaralisib (XL147)は一種の選択性的で、可逆なI型PI3K阻害剤で、無細胞試験でPI3Kα/δ/γに作用する時のIC50値が39 nM/36 nM/23 nMそれぞれに分かれて、PI3Kβに低い作用をしています。臨床1/2期。

S7966

AZD8835

S7675

PF-4989216

PF-4989216 は一種の有効的で、選択性のPI3K阻害剤で、p110α、p110β、p110γ、p110δとVPS34に作用する時のIC50値は2 nM、142 nM、65 nM、1 nMと 110 nMそれぞれに分かれます。

S7694

AZD8186

AZD8186は一種の有効的で、選択性PI3KβとPI3Kδ阻害剤で、IC50値が4 nM と12nMに分かれます。臨床1期。

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
A5047

PI3 Kinase p85 alpha Rabbit Recombinant mAb

A5048

PI3 Kinase p55 gamma Rabbit Recombinant mAb

Tags: PI3K inhibition | PI3K cancer | PI3K activation | PI3K signaling pathway | PI3 kinase pathway | PI3K activity | PI3K phosphorylation | PI3K assay | PI3K inhibitor cancer | PI3K inhibitor drugs | PI3K targets | PI3K inhibitors ic50 | PI3K inhibitors in clinical trials | PI3K inhibitor review