STAT

信号経路図

研究分野

  • 阻害剤の選択性比較
  • 溶解度
カタログ番号 製品カタログ 溶解度(25°C)
DMSO アルコール
S1155 S3I-201 <1 mg/mL 73 mg/mL <1 mg/mL
S1491 Fludarabine <1 mg/mL 57 mg/mL <1 mg/mL
S7024 Stattic <1 mg/mL 42 mg/mL <1 mg/mL
S3030 Niclosamide <1 mg/mL <1 mg/mL <1 mg/mL
S4182 Nifuroxazide <1 mg/mL 55 mg/mL <1 mg/mL
S8561 HJC0152 <1 mg/mL 88 mg/mL <1 mg/mL
S7923 SH5-07 (SH-5-07) <1 mg/mL 100 mg/mL 100 mg/mL
S7769 BP-1-102 <1 mg/mL 100 mg/mL <1 mg/mL
S7337 SH-4-54 <1 mg/mL 100 mg/mL 50 mg/mL
S7977 Napabucasin <1 mg/mL 10 mg/mL <1 mg/mL
S2265 Artesunate <1 mg/mL 77 mg/mL 77 mg/mL
S2285 Cryptotanshinone <1 mg/mL 5 mg/mL 1 mg/mL
S7951 STA-21 61 mg/mL
S8197 APTSTAT3-9R 98 mg/mL -1 mg/mL -1 mg/mL
S7501 HO-3867 <1 mg/mL 13 mg/mL 6 mg/mL

亜型選択性的な製品

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S1155

S3I-201

S3I-201はfSTAT3DNAの結合活性を有効に抑制して、無細胞試験でIC50値が86μMになって、STAT1とSTAT5を抑制する作用が弱いです。

S1491

Fludarabine

Fludarabineは血管平滑筋細胞の中に一種のSTAT1活性阻害剤で、一種のDNA合成阻害剤です。

S7024

Stattic

Statticは初めての非ペプチド類小分子ですが、STAT3活性化と核移行を有効に抑制して、無細胞試験でIC50値が5.1μMになって、STAT1よりもっと高い選択性をしています。

S3030

Niclosamide

NiclosamideはDNA複製を抑制することができて、STATも抑制することができますが、無細胞試験でIC50値が0.7μMです。

S4182

Nifuroxazide

Nifuroxazideは一種の細胞浸透可で、経口有効なニトロフラン(nitrofuran)類下痢止め薬ですが、細胞内のSTAT1/3/5転写活性を活動的にすることを有効に抑制して、U3A細胞の中に、IL-6が誘導するSTAT3活性に作用する時の IC50値が3μMになります。

S8561

HJC0152

S7923

SH5-07 (SH-5-07)

S7769

BP-1-102

S7337

SH-4-54

SH-4-54は一種の有効なSTAT阻害剤で、 STAT3とSTAT5に作用する時のKD値が300 nMと464 nMに分かれることです。

S7977

Napabucasin

Napabucasinは一種、活性を持っている経口(実験動物だけにとって)Stat3と癌細胞多能性阻害剤です。

S2265

Artesunate

Artesunate is a part of the artemisinin group of agents with an IC50 of < 5 μM for small cell lung carcinoma cell line H69.

S2285

Cryptotanshinone

Cryptotanshinoneは一種のSTAT3阻害剤で、無細胞試験でIC50値が4.6μMですが、STAT3 Tyr705リン酸化を強力に抑制して、STAT3 Ser727に作用する効果が弱くて、STAT1とSTAT5に作用する効果が殆どありません。

S7951

STA-21

STA-21は一種の選択性的なSTAT3阻害剤です。

S8197

APTSTAT3-9R

APTSTAT3-9Rは特異なSTAT3結合ペプチドに細胞を通られるモチーフを加えるという製品です。多種類の癌細胞の処理として、APTSTAT3-9RはSTAT3リン酸化を遮断すること及びSTATターゲットの現れを減少することということです。

S7501

HO-3867

HO-3867は一種のクルクミン(curcumin)の類似物で、一種の選択性的なSTAT3阻害剤です。

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S1155

S3I-201

S3I-201はfSTAT3DNAの結合活性を有効に抑制して、無細胞試験でIC50値が86μMになって、STAT1とSTAT5を抑制する作用が弱いです。

S1491

Fludarabine

Fludarabineは血管平滑筋細胞の中に一種のSTAT1活性阻害剤で、一種のDNA合成阻害剤です。

S7024

Stattic

Statticは初めての非ペプチド類小分子ですが、STAT3活性化と核移行を有効に抑制して、無細胞試験でIC50値が5.1μMになって、STAT1よりもっと高い選択性をしています。

S3030

Niclosamide

NiclosamideはDNA複製を抑制することができて、STATも抑制することができますが、無細胞試験でIC50値が0.7μMです。

S4182

Nifuroxazide

Nifuroxazideは一種の細胞浸透可で、経口有効なニトロフラン(nitrofuran)類下痢止め薬ですが、細胞内のSTAT1/3/5転写活性を活動的にすることを有効に抑制して、U3A細胞の中に、IL-6が誘導するSTAT3活性に作用する時の IC50値が3μMになります。

S8561

HJC0152

S7923

SH5-07 (SH-5-07)

S7769

BP-1-102

S7337

SH-4-54

SH-4-54は一種の有効なSTAT阻害剤で、 STAT3とSTAT5に作用する時のKD値が300 nMと464 nMに分かれることです。

S7977

Napabucasin

Napabucasinは一種、活性を持っている経口(実験動物だけにとって)Stat3と癌細胞多能性阻害剤です。

S2265

Artesunate

Artesunate is a part of the artemisinin group of agents with an IC50 of < 5 μM for small cell lung carcinoma cell line H69.

S2285

Cryptotanshinone

Cryptotanshinoneは一種のSTAT3阻害剤で、無細胞試験でIC50値が4.6μMですが、STAT3 Tyr705リン酸化を強力に抑制して、STAT3 Ser727に作用する効果が弱くて、STAT1とSTAT5に作用する効果が殆どありません。

S7951

STA-21

STA-21は一種の選択性的なSTAT3阻害剤です。

S8197

APTSTAT3-9R

APTSTAT3-9Rは特異なSTAT3結合ペプチドに細胞を通られるモチーフを加えるという製品です。多種類の癌細胞の処理として、APTSTAT3-9RはSTAT3リン酸化を遮断すること及びSTATターゲットの現れを減少することということです。

S7501

HO-3867

HO-3867は一種のクルクミン(curcumin)の類似物で、一種の選択性的なSTAT3阻害剤です。

Tags: STAT inhibition | STAT signaling pathway | STAT pathway | STAT cancer | STAT signaling | STAT protein | STAT activation | JAK-STAT signaling pathway | STAT3 pathway | STAT3 cancer | STAT3 inhibition | STAT3 activation | STAT phosphorylation | STAT3 protein | STAT1 inhibition | STAT1 pathway | STAT1 activation | STAT1 protein | JAK-STAT mechanism | STAT3 inhibitors in clinical trials | STAT3 inhibitor in vivo | STAT inhibitor review