エピジェネティックリーダードメイン

信号経路図

研究分野

  • 阻害剤の選択性比較
  • 溶解度
カタログ番号 製品カタログ 溶解度(25°C)
DMSO アルコール
S7110 (+)-JQ1 <1 mg/mL 91 mg/mL 91 mg/mL
S2780 I-BET151 (GSK1210151A) <1 mg/mL <1 mg/mL 27 mg/mL
S1216 PFI-1 (PF-06405761) <1 mg/mL 69 mg/mL <1 mg/mL
S7189 I-BET-762 <1 mg/mL 84 mg/mL 42 mg/mL
S7295 Apabetalone (RVX-208) <1 mg/mL 74 mg/mL <1 mg/mL
S8589 SF2523 <1 mg/mL 29 mg/mL 7 mg/mL
S8344 AZD5153 <1 mg/mL 100 mg/mL 27 mg/mL
S8265 GSK6853 <1 mg/mL 81 mg/mL 81 mg/mL
S8496 EED226 <1 mg/mL 73 mg/mL <1 mg/mL
S8400 Mivebresib(ABBV-075) <1 mg/mL 91 mg/mL <1 mg/mL
S7853 CPI-0610 <1 mg/mL 73 mg/mL 12 mg/mL
S8190 CPI-637 <1 mg/mL 27 mg/mL <1 mg/mL
S7256 SGC-CBP30 <1 mg/mL 100 mg/mL 100 mg/mL
S7233 Bromosporine <1 mg/mL 81 mg/mL <1 mg/mL
S7088 UNC1215 <1 mg/mL 100 mg/mL 100 mg/mL
S7360 OTX015 <1 mg/mL 98 mg/mL 98 mg/mL
S7373 UNC669 <1 mg/mL 11 mg/mL 68 mg/mL
S8179 BI-7273 <1 mg/mL 70 mg/mL 70 mg/mL
S7304 CPI-203 <1 mg/mL 79 mg/mL 5 mg/mL
S7305 MS436 <1 mg/mL 55 mg/mL 1 mg/mL
S7906 PFI-4 <1 mg/mL 17 mg/mL 5 mg/mL
S7231 GSK2801 <1 mg/mL 74 mg/mL 7 mg/mL
S7315 PFI-3 <1 mg/mL 64 mg/mL <1 mg/mL
S8180 PF-CBP1 HCl 100 mg/mL 100 mg/mL 100 mg/mL
S7835 I-BRD9 <1 mg/mL 99 mg/mL <1 mg/mL
S7620 GSK1324726A (I-BET726) <1 mg/mL 86 mg/mL 86 mg/mL
S8113 BI-9564 <1 mg/mL 3 mg/mL 16 mg/mL
S7681 OF-1 <1 mg/mL 76 mg/mL <1 mg/mL
製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S7110

(+)-JQ1

(+)-JQ1は一種のBETブロモドメイン(bromodomain)阻害剤で、無細胞試験でBRD4(1/2)に作用する時のIC50値が77 nM/33 nMです。(+)-JQ1はBET家族以外のブロモドメインに結合することではなくて、BET家族の全てのブロモドメインに結合することです。

S2780

I-BET151 (GSK1210151A)

I-BET151 (GSK1210151A)は一種の新たで、選択性的なBET阻害剤で、無細胞試験で BRD2、BRD3とBRD4に作用する時のIC50値が0.5 μM、0.25 μMと0.79 μMです。

S1216

PFI-1 (PF-06405761)

PFI-1は一種の選択性的なBET(ブロモドメインタンパク質を含める)阻害剤で、無細胞試験でBRD4に作用する時のIC50値が0.22 μMです。

S7189

I-BET-762

I-BET-762は一種のBETタンパク質阻害剤で、無細胞試験でIC50値が35 nMです。I-BET-762は大食細胞が炎症促進性のタンパク質を産出することを抑制して、激しい炎症も抑制して、タンパク質を含める他のブロモドメインに高度選択性をしています。

S7295

Apabetalone (RVX-208)

Apabetalone (RVX-208)は一種の有効なBETブロモドメイン阻害剤で、無細胞試験でBD2に作用する時のIC50値が0.510 μMです。RVX-208は、BD2に作用する選択性はBD1に作用する選択性より170倍が高くなります。臨床2期。

S8589

SF2523

S8344

AZD5153

S8265

GSK6853

S8496

EED226

S8400

Mivebresib(ABBV-075)

S7853

CPI-0610

CPI-0610は一種の有効的で、選択性的なBETブロモドメインタンパク質阻害剤です。CPI-0610は血液悪性疾病を治療する臨床実験の状態にあります。

S8190

CPI-637

CPI-637は一種の選択性的で、細胞活性をしているCBP/EP300ブロモドメインタンパク質阻害剤です。

S7256

SGC-CBP30

SGC-CBP30は一種の有効なCREBBP/EP300阻害剤で、無細胞試験でIC50値が21 nMと38 nMです。

S7233

Bromosporine

Bromosporineは一種の広範囲に使用されたブロモドメイン阻害剤で、BRD2、BRD4、BRD9とCECR2に作用する時のIC50値が0.41 μM、0.29 μM、0.122 μMと0.017 μMです。

S7088

UNC1215

UNC1215は一種の有効的で、選択性的なMBT(悪性脳腫瘍)拮抗剤で、L3MBTL3に結合することで、 IC50値が40 nMで、Kd値が120 nMです。UNC1215は、L3MBTL3に作用する選択性は人間MBT家族他のメンバーに作用する選択性より50倍が高くなります。

S7360

OTX015

OTX015は一種の有効なBETブロモドメイン阻害剤で、無細胞試験でBRD2、BRD3とBRD4に作用するEC50値の範囲が10 -19 nMです。臨床1期。

S7373

UNC669

UNC669は一種の有効的で、選択性的なMBT (malignant brain tumor)阻害剤で、L3MBTL1に作用する時のIC50値が 6 μMです。UNC669は、L3MBTL1に作用する選択性はL3MBTL3と L3MBTL4に作用する選択性より5倍と11倍がそれぞれ高くなります。

S8179

BI-7273

BI-7273は一種の有効的で、選択性的で、細胞浸透可能なBRD9 BD阻害剤です。

S7304

CPI-203

CPI-203は一種の有効なBETブロモドメイン阻害剤で、BRD4に作用する時のIC50値が37 nMです。

S7305

MS436

MS436は一種の有効なBETブロモドメイン阻害剤で、BRD4 (1)とBRD4 (2)に作用する時のKi値が0.085μM以下と0.34μMです

S7906

PFI-4

PFI-4は一種の有効的で、選択性的なBRPF1ブロモドメイン阻害剤で、IC50値が80 nMです。

S7231

GSK2801

GSK2801は一種の選択性的なブロモドメインBAZ2A/B阻害剤で、KD値が257 nM と136 nMです。

S7315

PFI-3

PFI-3は一種のSMARCAブロモドメインの選択性的な化学探り針で、SMARCA2, SMARCA4及びPB1(5) ブロモドメインを含めることです。

S8180

PF-CBP1 HCl

PF-CBP1 HClは一種の高度選択性的なCREBBPブロモドメイン阻害剤で、CREBBPとp300 ブロモドメインを抑制する時のIC50値が125 nMと363 nMです。

S7835

I-BRD9

I-BRD9 (GSK602)は一種の有効的で、選択性的なBRD9阻害剤で、pIC50値が7.3です。I-BRD9 (GSK602)はBRD4に作用する時のpIC50値が5.3です。

S7620

GSK1324726A (I-BET726)

GSK1324726A (I-BET726)は一種のBET家族タンパク質の高度選択性的な阻害剤で、BRD2、BRD3とBRD4に作用する時のIC50値が41 nM、31 nMと22 nMにそれぞれ分かれることです。

S8113

BI-9564

BI-9564は一種の選択性的なBRD9とBRD7のブロモドメインタンパク質阻害剤で、IC50値が75 nM和と3.4 μMです。

S7681

OF-1

OF-1は一種の有効なBRPF1BとBRPF2ブロモドメイン阻害剤で、Kd値が100 nMと500 nMにそれぞれ分かれることです。

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
A5014

CREB Rabbit Recombinant mAb