PRIMA-1

For research use only. Not for use in humans.

製品コードS7723 別名:2,2-Bis(hydroxymethyl)-3-quinuclidinone

PRIMA-1化学構造

分子量(MW):185.22

PRIMA-1 is a mutant p53 reactivator. It induces apoptosis and inhibits growth of human tumors with mutant p53.

サイズ 価格(税別) 在庫  
JPY 18100 あり
JPY 67900 あり
最寄りの販売代理店を探す

お探しのディーラーが見当たらない場合は直接こちらのメールアドレスまでお問い合わせください:[email protected]

バルク問合せ

質量管理及び製品安全説明書

p53阻害剤の選択性比較

生物活性

製品説明 PRIMA-1 is a mutant p53 reactivator. It induces apoptosis and inhibits growth of human tumors with mutant p53.
ターゲット
Mutant p53 [1]
()
体外試験

PRIMA-1 is converted to compounds that form adducts with thiols in mutant p53. Modification of thiol groups in mutant p53 by PRIMA-1 conversion products is sufficient to restore its tumor suppressor activity.[2]. PRIMA-1 inhibits the growth of pancreatic cancer cell lines and induces cell cycle arrest and decreases DNA synthesis. It selectively induces apoptosis and cell death in mutant p53-expressing pancreatic cancer cells and also leads to activation of p53-dependent apoptotic pathways. PRIMA-1 enhances the cytotoxicity of chemotherapeutic agents active against mutant p53 pancreatic cancer cells[1]. PRIMA-1 has antileukemic properties in acute promyelocytic leukemia-derived NB4 cells. PRIMA-1-triggered apoptosis is in a dose-dependent and time-dependent manner as indicated by the MTT assay and annexin-V staining. Apoptosis induction by PRIMA-1 is associated with caspase-9, caspase-7 activation and PARP cleavage. PRIMA-1 does not show any significant apoptotic effect in normal human peripheral blood mononuclear cells[4].

体内試験 Intravenous (i.v.) injections of PRIMA-1 in mice does not cause any obvious changes in weight or behavior compared with untreated animals. PRIMA-1 has in vivo antitumor activity in this animal tumor model. It suppresses in vivo tumor growth in a mutant p53-dependent manner[3].

お薦めの試験操作(参考用のみ)

細胞試験: [1]
- 合併
  • 細胞株: mutant p53 expressing pancreatic cancer cell lines PANC-1 (p.R273H) and BxPC-3 (p.Y220C) and the wild type p53-expressing Capan-2 cells (wtp53)
  • 濃度: 25-100 μM
  • 反応時間: 12-48 h
  • 実験の流れ: Cells are kept at a temperature of 37 °C, a minimum relative humidity of 95 %, and an atmosphere of 5 % CO2 in air. Cell viability is measured by MTT assay after treatment with PRIMA-1. Briefly, cells are seeded in each well of 96-well plates in 100 μl culture medium and incubated overnight at 37 °C in an atmosphere of 5 % CO2. The next day, the medium is removed and cells washed with PBS and treated with vehicle control(DMSO, dimethylsulfoxide) or different concentrations of PRIMA-1 for 12 to 48 h; the medium is replaced with MTT solution diluted in medium once the treatment is completed. The plates are further incubated at 37 °C under 5 % CO2 for 4 h and then left at room temperature until completely dry. DMSO was then added and the absorbance is read at 492 nm using a microplate enzyme-linked immunoassay reader (ELISA). The relative growth activity is determined as the percentage absorbance of treated cells compared to that of vehicle treated cells (control).
    (参考用のみ)
動物試験:[3]
- 合併
  • 動物モデル: SCID mice
  • 投薬量: 1, 10, 20 and 100 mg/kg
  • 投与方法: i.v.
    (参考用のみ)

溶解度 (25°C)

体外 DMSO 37 mg/mL (199.76 mM)
Water 37 mg/mL (199.76 mM)
Ethanol 37 mg/mL (199.76 mM)

* 溶解度測定はSelleck技術部門によって行われており、その他文献に示されている溶解度と差異がある可能性がありますが、同一ロットの生産工程で起きる正常な現象ですからご安心ください。

化学情報

分子量 185.22
化学式

C9H15NO3

CAS No. 5608-24-2
保管
in solvent
別名 2,2-Bis(hydroxymethyl)-3-quinuclidinone
Smiles OCC1(CO)N2CCC(CC2)C1=O

投与溶媒組成計算器(クリア溶液)

ステップ1:実験データを入力してください。(余分な消耗を考慮し動物一匹分の量を用意することをお勧めします。)
投与量 mg/kg 動物平均体重 g 投与体積(動物毎) ul 動物数
ステップ2:投与溶媒の組成を入力してください。(ロットごとに組成が異なるため、セレックから完全に溶解できる組成をお求めください。)
% DMSO % % Tween 80 % ddH2O
計算リセット

便利ツール

モル濃度計算器

モル濃度計算器

求めたい質量、体積または濃度を計算してください。

質量 (mg) = 濃度 (mM) x 体積 (mL) x 分子量 (g/mol)

モル濃度計算器方程式

  • 質量
    濃度
    体積
    分子量

*貯蔵液を準備するとき、常に、オンであるとわかる製品のバッチに特有の分子量を使って、を通してラベルとMSDS/COA(製品ページで利用可能な)。

希釈計算器

希釈計算器

貯蔵液を準備するために必要な希釈率を計算してください。Selleck希釈計算器は、以下の方程式に基づきます:

開始濃度 x 開始体積 = 最終濃度 x 最終体積

希釈の計算式

この方程式は、一般に略語を使われます:C1V1 = C2V2 ( 入力 出力 )

  • C1
    V1
    C2
    V2

常に貯蔵液を準備するとき、小びんラベルとMSDS/COA(オンラインで利用できる)で見つかる製品のバッチに特有の分子量を使ってください。

連続希釈計算器方程式

  • 連続希釈剤

  • 計算結果

  • C1=C0/X C1: LOG(C1):
    C2=C1/X C2: LOG(C2):
    C3=C2/X C3: LOG(C3):
    C4=C3/X C4: LOG(C4):
    C5=C4/X C5: LOG(C5):
    C6=C5/X C6: LOG(C6):
    C7=C6/X C7: LOG(C7):
    C8=C7/X C8: LOG(C8):
分子量計算器

分子量计算器

そのモル質量と元素組成を計算するために、合成物の化学式を入力してください:

総分子量:g/mol

チップス: 化学式は大文字と小文字の区別ができます。C10H16N2O2 c10h16n2o2

モル濃度計算器

質量 濃度 体積 分子量

技術サポート

ストックの作り方、阻害剤の保管方法、細胞実験や動物実験の際に注意すべき点など、製品を取扱う時に問い合わせが多かった質問に対しては取扱説明書でお答えしています。

Handling Instructions

他に質問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

  • * 必須

p53シグナル伝達経路

相関p53製品

Tags: PRIMA-1を買う | PRIMA-1 ic50 | PRIMA-1供給者 | PRIMA-1を購入する | PRIMA-1費用 | PRIMA-1生産者 | オーダーPRIMA-1 | PRIMA-1化学構造 | PRIMA-1分子量 | PRIMA-1代理店
×
細胞株 試験類型 濃度 培養時間 溶剤類型 活性叙述 PMID