MG-132

For research use only. Not for use in humans.

製品コードS2619

MG-132化学構造

CAS No. 1211877-36-9

MG132 is a potent cell-permeable proteasome and calpain inhibitor with IC50s of 0.1 μM and 1.2 μM for the inhibition of proteasome and calpain, respectively. MG132 activates autophagy and induces apoptosis in tumor cells.

サイズ 価格(税別) 在庫  
10mM (1mL in DMSO) JPY 18600 あり
JPY 13376 あり
JPY 30200 あり
JPY 80000 あり
最寄りの販売代理店を探す

お探しのディーラーが見当たらない場合は直接こちらのメールアドレスまでお問い合わせください:[email protected]

バルク問合せ

Selleckは効果が一番いいと思われる(S,R,S)-(-)-2のコンフィギュレーションを採用しましたので、MG-132プロテアソームの抑制効果はSigmaの同類製品の効果より著しく高くなります。

正常には、p21蛋白はユビキチン化で分解されますが、MG-132はプロテアソームの活性を抑制することを通じて、p21蛋白の貯まりを引き起こします。だから、MG-132の抑制効果は強ければ強いほど、p21蛋白の貯まりは多くなってきます。(検査された蛋白:p21  細胞株:HeLa细胞株 処理条件:濃度5μM 処理時間:6h)

文献中Selleckの製品使用例(1267)