HDAC

信号経路図

研究分野

  • 阻害剤の選択性比較
  • 溶解度
カタログ番号 製品カタログ 溶解度(25°C)
DMSO アルコール
S1047 Vorinostat (SAHA, MK0683) <1 mg/mL 52 mg/mL 3 mg/mL
S1053 Entinostat (MS-275) <1 mg/mL 75 mg/mL <1 mg/mL
S1030 Panobinostat (LBH589) <1 mg/mL 69 mg/mL <1 mg/mL
S1045 Trichostatin A (TSA) <1 mg/mL 23 mg/mL <1 mg/mL
S1122 Mocetinostat (MGCD0103) <1 mg/mL 13 mg/mL <1 mg/mL
S8502 TMP195 <1 mg/mL 91 mg/mL 91 mg/mL
S8464 Citarinostat (ACY-241) <1 mg/mL 41 mg/mL 93 mg/mL
S1085 Belinostat (PXD101) <1 mg/mL 64 mg/mL <1 mg/mL
S3020 Romidepsin (FK228, Depsipeptide) <1 mg/mL 10 mg/mL <1 mg/mL
S1484 MC1568 <1 mg/mL 13 mg/mL <1 mg/mL
S2627 Tubastatin A HCl <1 mg/mL 74 mg/mL <1 mg/mL
S2170 Givinostat (ITF2357) <1 mg/mL 95 mg/mL 3 mg/mL
S1095 Dacinostat (LAQ824) <1 mg/mL 76 mg/mL <1 mg/mL
S1194 CUDC-101 <1 mg/mL 20 mg/mL <1 mg/mL
S1096 Quisinostat (JNJ-26481585) 2HCl <1 mg/mL 79 mg/mL <1 mg/mL
S1515 Pracinostat (SB939) <1 mg/mL 72 mg/mL 27 mg/mL
S2012 PCI-34051 <1 mg/mL 59 mg/mL <1 mg/mL
S1422 Droxinostat <1 mg/mL 49 mg/mL 49 mg/mL
S1090 Abexinostat (PCI-24781) <1 mg/mL 80 mg/mL <1 mg/mL
S7229 RGFP966 <1 mg/mL 72 mg/mL <1 mg/mL
S2244 AR-42 <1 mg/mL 63 mg/mL 63 mg/mL
S8001 Rocilinostat (ACY-1215) <1 mg/mL 86 mg/mL <1 mg/mL
S1168 Valproic acid sodium salt (Sodium valproate) 33 mg/mL 33 mg/mL 33 mg/mL
S2818 Tacedinaline (CI994) <1 mg/mL 54 mg/mL <1 mg/mL
S2759 CUDC-907 <1 mg/mL 102 mg/mL <1 mg/mL
S1999 Sodium butyrate 22 mg/mL <1 mg/mL 22 mg/mL
S1848 Curcumin <1 mg/mL 73 mg/mL <1 mg/mL
S2779 M344 <1 mg/mL 62 mg/mL 4 mg/mL
S2239 Tubacin <1 mg/mL 100 mg/mL <1 mg/mL
S7292 RG2833 (RGFP109) <1 mg/mL 68 mg/mL 10 mg/mL
S2693 Resminostat <1 mg/mL 70 mg/mL 70 mg/mL
S1703 Divalproex Sodium 62 mg/mL 62 mg/mL 62 mg/mL
S8043 Scriptaid <1 mg/mL 65 mg/mL <1 mg/mL
S4125 Sodium Phenylbutyrate 30 mg/mL 8 mg/mL <1 mg/mL
S8049 Tubastatin A <1 mg/mL 67 mg/mL <1 mg/mL
S7324 TMP269 <1 mg/mL 100 mg/mL 2 mg/mL
S7595 Santacruzamate A (CAY10683) <1 mg/mL 55 mg/mL 55 mg/mL
S7617 Tasquinimod <1 mg/mL 81 mg/mL 11 mg/mL
S7726 BRD73954 <1 mg/mL 56 mg/mL 9 mg/mL
S7593 Splitomicin <1 mg/mL 39 mg/mL 39 mg/mL
S7278 HPOB <1 mg/mL 62 mg/mL 38 mg/mL
S7569 LMK-235 <1 mg/mL 58 mg/mL 58 mg/mL
S7473 Nexturastat A <1 mg/mL 68 mg/mL 2 mg/mL
S8323 ITSA-1 (ITSA1) <1 mg/mL 58 mg/mL 5 mg/mL
S2341 (-)-Parthenolide <1 mg/mL 49 mg/mL 49 mg/mL
S7596 CAY10603 <1 mg/mL 89 mg/mL 5 mg/mL
S7555 4SC-202 <1 mg/mL 89 mg/mL <1 mg/mL
S7689 BG45 <1 mg/mL 42 mg/mL 2 mg/mL

亜型選択性的な製品

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S1047

Vorinostat (SAHA, MK0683)

Vorinostat (suberoylanilide hydroxamic acid, SAHA)は一種のHDAC阻害剤で、無細胞試験でIC50値が約10 nMです。

S1053

Entinostat (MS-275)

Entinostat (MS-275)はHDAC1とHDAC3を強く抑制して、無細胞試験でIC50値が0.51μMと1.7μMに分かれて、抑制作用がHDACs 4/6/8/10より良くなリます。臨床3期。

S1030

Panobinostat (LBH589)

Panobinostat (LBH589) は一種の新たで、広範なHDAC阻害剤で、無細胞試験でIC50値が5 nMです。臨床3期。

S1045

Trichostatin A (TSA)

Trichostatin A (TSA)は一種のHDAC阻害剤で、無細胞試験でIC50値が1.8 nM程度です。

S1122

Mocetinostat (MGCD0103)

Mocetinostat (MGCD0103)は一種の有効なHDAC阻害剤で、HDAC1にの抑制作用が一番強くて、無細胞試験でIC50値が0.15 μMになって、HDAC1に作用する選択性がHDAC2 /3/11に作用する選択性より2-10倍高くなって、HDAC4、5、6、7と8に抑制作用を表しません。臨床2期。

S8502

TMP195

S8464

Citarinostat (ACY-241)

S1085

Belinostat (PXD101)

Belinostat (PXD101)は一種の新たなHDAC阻害剤で、無細胞試験でIC50値が27 nMになって、抗シスプラチン(cisplatin)の腫瘍に活性を表します。

S3020

Romidepsin (FK228, Depsipeptide)

Romidepsin (FK228, Depsipeptide)は一種の有効なHDAC1とHDAC2阻害剤で、無細胞試験でIC50値が36 nMと47 nMに分かれます。

S1484

MC1568

MC1568は一種の選択性HDAC阻害剤で、トウモロコシのHD1-Aに作用して、無細胞試験でIC50値が100 nMになって、HD1-Aに作用する選択性がHD1-Bに作用する選択性より34倍高くなります。

S2627

Tubastatin A HCl

Tubastatin A HClは一種の有効的で、選択性HDAC6阻害剤で、無細胞試験でIC50値が15 nMで、HDAC6に作用する選択性が全ての他のイソ酵素に作用する選択性より1000倍以上高くなりますが、HDAC8に作用する選択性より57倍以上高くなります。

S2170

Givinostat (ITF2357)

Givinostat (ITF2357)は一種の有効なHDAC阻害剤で、トウモロコシHD2、HD1BとHD1Aに作用して、無細胞試験でIC50値が10 nM、7.5 nMと16 nMそれぞれに分かれます。臨床2期。

S1095

Dacinostat (LAQ824)

Dacinostat (LAQ824)は一種の新たなHDAC阻害剤で、IC50値が 32 nMになって、p21プロモータ(promoter)を作動させます。

S1194

CUDC-101

CUDC-101は一種の有効的で、多ターゲット阻害剤で、HDAC、EGFRとHER2に作用する時のIC50値が4.4 nM、2.4 nMと15.7 nMそれぞれに分かれて、I/II型HDACsを阻害しますが、III型とSir-type HDACsに阻害作用を表しません。臨床1期。

S1096

Quisinostat (JNJ-26481585) 2HCl

Quisinostat (JNJ-26481585) 2HClは一種の新たで、二代目HDAC阻害剤で、HDAC1に最も役立って、無細胞試験でIC50値が0.11 nMになって、HDACs 2、4、10と11を適度に役立って、HDAC1に作用する選択性がHDACs 3、5、8と9に作用する選択性より30倍高くなりますが、HDACs 6と7に作用する効果が一番弱いです。臨床2期。

S1515

Pracinostat (SB939)

Pracinostat (SB939)は一種の有効なpan-HDAC阻害剤で、IC50値が40-140 nMになります。HDAC6を抜いて、Pracinostat (SB939)はIII型イソ酵素に抑制活性を表しません。臨床2期。

S2012

PCI-34051

PCI-34051は一種の有効的で、特異性的なHDAC8阻害剤で、無細胞試験でIC50値が10 nMになって、HDAC8に作用する選択性がHDAC1と6に作用する選択性より200倍余り高くなって、HDAC2、3と10に作用する選択性より1000倍高くなります。

S1422

Droxinostat

Droxinostatは一種の選択性HDAC阻害剤で、HDACs 6と8に最も有効に作用して、IC50値が2.47μMと1.46 μMに分かれて、、HDACs 6と8に作用する選択性がHDAC3に作用する選択性より8倍高くなって、HDAC1、2、4、5、7、9と10に抑制作用を表しません。

S1090

Abexinostat (PCI-24781)

Abexinostat (PCI-24781)は一種の新たなpan-HDAC阻害剤で、HDAC1に作用して、Ki値が7 nMになって、HDACs 2、3、6と10を適度に抑制して、HDAC1に作用する選択性がHDAC8に作用する選択性より40倍高くなります。臨床1/2期。

S7229

RGFP966

RGFP966は一種のHDAC3阻害剤で、無細胞試験でIC50値が0.08μMになって、HDAC3に作用する選択性が他のHDACに作用する選択性より200倍以上高くなります。

S2244

AR-42

AR-42は一種のHDAC阻害剤で、IC50値が30 nMです。臨床1期。

S8001

Rocilinostat (ACY-1215)

Rocilinostat (ACY-1215)は一種の選択性HDAC6阻害剤で、無細胞試験でIC50値が5 nMになって、HDAC6に作用する選択性がHDAC1/2/3(I型HDACs)に作用する選択性より10倍以上高くなって、HDAC8に弱い作用活性を表して、HDAC4/5/7/9/11、Sirtuin1とSirtuin2に一番弱い作用活性を表します。臨床2期。

S1168

Valproic acid sodium salt (Sodium valproate)

Valproic acid sodium salt (Sodium valproate) は一種のHDAC選択性阻害剤で、HDAC2のプロテアソームの分解を抑制して、癲癇、躁鬱病の治療に使用されて、片頭痛も予防します。

S2818

Tacedinaline (CI994)

Tacedinaline (CI994)は一種の選択性的なI型HDAC阻害剤で、HDAC 1、2、3と8に作用する時のIC50値が0.9、0.9、1.2 と20 μM以上それぞれに分かれます。臨床3期。

S2759

CUDC-907

CUDC-907は一種のPI3KとHDAC二重阻害剤で、PI3KαとHDAC1/2/3/10に作用する時のIC50値が19 nMと1.7 nM/5 nM/1.8 nM/2.8 nMそれぞれに分かれます。臨床1期。

S1999

Sodium butyrate

Sodium butyrate is a compound with formula Na(C3H7COO)

S1848

Curcumin

Curcumin is the principal curcuminoid of the popular Indian spice turmeric, which is a member of the ginger family (Zingiberaceae).

S2779

M344

M344は一種の有効なHDAC阻害剤で、IC50値が100 nMになって、細胞分化を誘導できます。

S2239

Tubacin

Tubacinは一種の高度有効的で、選択性的で、可逆な細胞浸透性HDAC6阻害剤で、無細胞試験でIC50値が4 nMになって、HDAC6に作用する選択性がHDAC1に作用する選択性より350倍高くなります。

S7292

RG2833 (RGFP109)

RG2833 (RGFP109)は一種の大脳浸透性HDAC阻害剤で、無細胞試験でHDAC1とHDAC3に作用する時のIC50値が60 nMと50 nMに分かれます。

S2693

Resminostat

Resminostatは一種の薬用量(dose)依頼性と選択性のHDAC1/3/6阻害剤で、IC50値が42.5 nM/50.1 nM/71.8 nMに分かれて、HDAC8に作用する効果が弱くて、このIC50値が877 nMになります。

S1703

Divalproex Sodium

Divalproex Sodiumは腸溶(enteric coating)にあるバルプロ酸ナトリウム(sodium valproate)とバルプロ酸(valproic acid)が1:1モルで組み合わせた一種の化合物で、一種のHDAC阻害剤ですが、癲癇の治療に使用されます。

S8043

Scriptaid

Scriptaid は一種のHDAC阻害剤で、アセチル化H4に作用する効果がH3に作用する効果より強くなります。

S4125

Sodium Phenylbutyrate

Sodium phenylbutyrateは一種のヒストンデアセチラーゼ(istone deacetylase)阻害剤で、尿素サイクル異常症の治療に使用されます。

S8049

Tubastatin A

Tubastatin Aは一種の有効的で、選択性HDAC6阻害剤で、無細胞試験でIC50値が15 nMです。Tubastatin Aは、HDAC6に作用する選択性は全ての他のイソ酵素に作用する選択性より1000倍が高くなリますが、HDAC8に作用する選択性より57倍が高くなります。

S7324

TMP269

S7595

Santacruzamate A (CAY10683)

Santacruzamate A (CAY10683)は一種の有効で、選択性的なHDAC阻害剤で、HDAC2に作用する時のIC50値が119 pMですが、HDAC2に作用する選択性は他のHDACsに作用する選択性より3600倍以上が高くなります。

S7617

Tasquinimod

Tasquinimodは一種の経口有効な抗血管新生の薬剤で、構造変容を通じて、HDAC4信号を抑制して、役立ちます。臨床3期。

S7726

BRD73954

BRD73954は一種の有効的で、選択性HDAC阻害剤で、HDAC6 とHDAC8に作用する時のIC50値が36 nM と120 nMに分かれます。

S7593

Splitomicin

Splitomicinは一種の選択性的なNAD(+)-dependent histone deacetylase Sir2p阻害剤で、IC50値が60 μMです。Splitomicinは無細胞試験でもっと高い活性をしています。

S7278

HPOB

HPOBは一種の有効的で、選択性HDAC6阻害剤で、IC50値が56 nMになって、HDAC6に作用する選択性は他のHDACsに作用する選択性より30倍以上が高くなります。

S7569

LMK-235

LMK-235は一種のHDAC4とHDAC5選択性阻害剤で、IC50値が11.9 nM と 4.2 nMに分かれます。

S7473

Nexturastat A

Nexturastat Aは一種の有効的で、選択性的なHDAC6阻害剤で、IC50値が5 nMになって、HDAC6に作用する選択性は他のHDACsに作用する選択性より190倍が高くなります。

S2341

(-)-Parthenolide

(-)-Parthenolideは一種のセスキテルペンラクトン(sesquiterpene lactone)ですが、植物feverfew (Tanacetum parthenium)に存在して、MDM2のユビキチン化(ubiquitination)を促進して、p53細胞の功能を作動させます。

S7596

CAY10603

CAY10603は一種の有効的で、選択性的なHDAC6阻害剤で、IC50値が2 pMになって、HDAC6に作用する選択性はHDACsに作用する選択性より200倍以上が高くなります。

S7555

4SC-202

4SC-202は一種の選択性I型HDAC阻害剤で、HDAC1、HDAC2とHDAC3に作用する時のIC50値が1.20 μM、1.12 μMと0.57 μMそれぞれに分かれて、Lysine specific demethylase 1 (LSD1)にも抑制活性を表します。臨床1期。

S7689

BG45

BG45は一種のI型HDAC阻害剤で、無細胞試験でHDAC3、HDAC1、HDAC2と HDAC6に作用する時のIC50値が289 nM、2.0 µM、2.2 µM と20 µM以上それぞれに分かれます。

S8323

ITSA-1 (ITSA1)

ITSA-1 (ITSA1)は1種の HDAC活性剤(TSAを抑圧することを通じる)ですが、他のHDAC阻害剤に活性を表れません。

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S1047

Vorinostat (SAHA, MK0683)

Vorinostat (suberoylanilide hydroxamic acid, SAHA)は一種のHDAC阻害剤で、無細胞試験でIC50値が約10 nMです。

S1053

Entinostat (MS-275)

Entinostat (MS-275)はHDAC1とHDAC3を強く抑制して、無細胞試験でIC50値が0.51μMと1.7μMに分かれて、抑制作用がHDACs 4/6/8/10より良くなリます。臨床3期。

S1030

Panobinostat (LBH589)

Panobinostat (LBH589) は一種の新たで、広範なHDAC阻害剤で、無細胞試験でIC50値が5 nMです。臨床3期。

S1045

Trichostatin A (TSA)

Trichostatin A (TSA)は一種のHDAC阻害剤で、無細胞試験でIC50値が1.8 nM程度です。

S1122

Mocetinostat (MGCD0103)

Mocetinostat (MGCD0103)は一種の有効なHDAC阻害剤で、HDAC1にの抑制作用が一番強くて、無細胞試験でIC50値が0.15 μMになって、HDAC1に作用する選択性がHDAC2 /3/11に作用する選択性より2-10倍高くなって、HDAC4、5、6、7と8に抑制作用を表しません。臨床2期。

S8502

TMP195

S8464

Citarinostat (ACY-241)

S1085

Belinostat (PXD101)

Belinostat (PXD101)は一種の新たなHDAC阻害剤で、無細胞試験でIC50値が27 nMになって、抗シスプラチン(cisplatin)の腫瘍に活性を表します。

S3020

Romidepsin (FK228, Depsipeptide)

Romidepsin (FK228, Depsipeptide)は一種の有効なHDAC1とHDAC2阻害剤で、無細胞試験でIC50値が36 nMと47 nMに分かれます。

S1484

MC1568

MC1568は一種の選択性HDAC阻害剤で、トウモロコシのHD1-Aに作用して、無細胞試験でIC50値が100 nMになって、HD1-Aに作用する選択性がHD1-Bに作用する選択性より34倍高くなります。

S2627

Tubastatin A HCl

Tubastatin A HClは一種の有効的で、選択性HDAC6阻害剤で、無細胞試験でIC50値が15 nMで、HDAC6に作用する選択性が全ての他のイソ酵素に作用する選択性より1000倍以上高くなりますが、HDAC8に作用する選択性より57倍以上高くなります。

S2170

Givinostat (ITF2357)

Givinostat (ITF2357)は一種の有効なHDAC阻害剤で、トウモロコシHD2、HD1BとHD1Aに作用して、無細胞試験でIC50値が10 nM、7.5 nMと16 nMそれぞれに分かれます。臨床2期。

S1095

Dacinostat (LAQ824)

Dacinostat (LAQ824)は一種の新たなHDAC阻害剤で、IC50値が 32 nMになって、p21プロモータ(promoter)を作動させます。

S1194

CUDC-101

CUDC-101は一種の有効的で、多ターゲット阻害剤で、HDAC、EGFRとHER2に作用する時のIC50値が4.4 nM、2.4 nMと15.7 nMそれぞれに分かれて、I/II型HDACsを阻害しますが、III型とSir-type HDACsに阻害作用を表しません。臨床1期。

S1096

Quisinostat (JNJ-26481585) 2HCl

Quisinostat (JNJ-26481585) 2HClは一種の新たで、二代目HDAC阻害剤で、HDAC1に最も役立って、無細胞試験でIC50値が0.11 nMになって、HDACs 2、4、10と11を適度に役立って、HDAC1に作用する選択性がHDACs 3、5、8と9に作用する選択性より30倍高くなりますが、HDACs 6と7に作用する効果が一番弱いです。臨床2期。

S1515

Pracinostat (SB939)

Pracinostat (SB939)は一種の有効なpan-HDAC阻害剤で、IC50値が40-140 nMになります。HDAC6を抜いて、Pracinostat (SB939)はIII型イソ酵素に抑制活性を表しません。臨床2期。

S2012

PCI-34051

PCI-34051は一種の有効的で、特異性的なHDAC8阻害剤で、無細胞試験でIC50値が10 nMになって、HDAC8に作用する選択性がHDAC1と6に作用する選択性より200倍余り高くなって、HDAC2、3と10に作用する選択性より1000倍高くなります。

S1422

Droxinostat

Droxinostatは一種の選択性HDAC阻害剤で、HDACs 6と8に最も有効に作用して、IC50値が2.47μMと1.46 μMに分かれて、、HDACs 6と8に作用する選択性がHDAC3に作用する選択性より8倍高くなって、HDAC1、2、4、5、7、9と10に抑制作用を表しません。

S1090

Abexinostat (PCI-24781)

Abexinostat (PCI-24781)は一種の新たなpan-HDAC阻害剤で、HDAC1に作用して、Ki値が7 nMになって、HDACs 2、3、6と10を適度に抑制して、HDAC1に作用する選択性がHDAC8に作用する選択性より40倍高くなります。臨床1/2期。

S7229

RGFP966

RGFP966は一種のHDAC3阻害剤で、無細胞試験でIC50値が0.08μMになって、HDAC3に作用する選択性が他のHDACに作用する選択性より200倍以上高くなります。

S2244

AR-42

AR-42は一種のHDAC阻害剤で、IC50値が30 nMです。臨床1期。

S8001

Rocilinostat (ACY-1215)

Rocilinostat (ACY-1215)は一種の選択性HDAC6阻害剤で、無細胞試験でIC50値が5 nMになって、HDAC6に作用する選択性がHDAC1/2/3(I型HDACs)に作用する選択性より10倍以上高くなって、HDAC8に弱い作用活性を表して、HDAC4/5/7/9/11、Sirtuin1とSirtuin2に一番弱い作用活性を表します。臨床2期。

S1168

Valproic acid sodium salt (Sodium valproate)

Valproic acid sodium salt (Sodium valproate) は一種のHDAC選択性阻害剤で、HDAC2のプロテアソームの分解を抑制して、癲癇、躁鬱病の治療に使用されて、片頭痛も予防します。

S2818

Tacedinaline (CI994)

Tacedinaline (CI994)は一種の選択性的なI型HDAC阻害剤で、HDAC 1、2、3と8に作用する時のIC50値が0.9、0.9、1.2 と20 μM以上それぞれに分かれます。臨床3期。

S2759

CUDC-907

CUDC-907は一種のPI3KとHDAC二重阻害剤で、PI3KαとHDAC1/2/3/10に作用する時のIC50値が19 nMと1.7 nM/5 nM/1.8 nM/2.8 nMそれぞれに分かれます。臨床1期。

S1999

Sodium butyrate

Sodium butyrate is a compound with formula Na(C3H7COO)

S1848

Curcumin

Curcumin is the principal curcuminoid of the popular Indian spice turmeric, which is a member of the ginger family (Zingiberaceae).

S2779

M344

M344は一種の有効なHDAC阻害剤で、IC50値が100 nMになって、細胞分化を誘導できます。

S2239

Tubacin

Tubacinは一種の高度有効的で、選択性的で、可逆な細胞浸透性HDAC6阻害剤で、無細胞試験でIC50値が4 nMになって、HDAC6に作用する選択性がHDAC1に作用する選択性より350倍高くなります。

S7292

RG2833 (RGFP109)

RG2833 (RGFP109)は一種の大脳浸透性HDAC阻害剤で、無細胞試験でHDAC1とHDAC3に作用する時のIC50値が60 nMと50 nMに分かれます。

S2693

Resminostat

Resminostatは一種の薬用量(dose)依頼性と選択性のHDAC1/3/6阻害剤で、IC50値が42.5 nM/50.1 nM/71.8 nMに分かれて、HDAC8に作用する効果が弱くて、このIC50値が877 nMになります。

S1703

Divalproex Sodium

Divalproex Sodiumは腸溶(enteric coating)にあるバルプロ酸ナトリウム(sodium valproate)とバルプロ酸(valproic acid)が1:1モルで組み合わせた一種の化合物で、一種のHDAC阻害剤ですが、癲癇の治療に使用されます。

S8043

Scriptaid

Scriptaid は一種のHDAC阻害剤で、アセチル化H4に作用する効果がH3に作用する効果より強くなります。

S4125

Sodium Phenylbutyrate

Sodium phenylbutyrateは一種のヒストンデアセチラーゼ(istone deacetylase)阻害剤で、尿素サイクル異常症の治療に使用されます。

S8049

Tubastatin A

Tubastatin Aは一種の有効的で、選択性HDAC6阻害剤で、無細胞試験でIC50値が15 nMです。Tubastatin Aは、HDAC6に作用する選択性は全ての他のイソ酵素に作用する選択性より1000倍が高くなリますが、HDAC8に作用する選択性より57倍が高くなります。

S7324

TMP269

S7595

Santacruzamate A (CAY10683)

Santacruzamate A (CAY10683)は一種の有効で、選択性的なHDAC阻害剤で、HDAC2に作用する時のIC50値が119 pMですが、HDAC2に作用する選択性は他のHDACsに作用する選択性より3600倍以上が高くなります。

S7617

Tasquinimod

Tasquinimodは一種の経口有効な抗血管新生の薬剤で、構造変容を通じて、HDAC4信号を抑制して、役立ちます。臨床3期。

S7726

BRD73954

BRD73954は一種の有効的で、選択性HDAC阻害剤で、HDAC6 とHDAC8に作用する時のIC50値が36 nM と120 nMに分かれます。

S7593

Splitomicin

Splitomicinは一種の選択性的なNAD(+)-dependent histone deacetylase Sir2p阻害剤で、IC50値が60 μMです。Splitomicinは無細胞試験でもっと高い活性をしています。

S7278

HPOB

HPOBは一種の有効的で、選択性HDAC6阻害剤で、IC50値が56 nMになって、HDAC6に作用する選択性は他のHDACsに作用する選択性より30倍以上が高くなります。

S7569

LMK-235

LMK-235は一種のHDAC4とHDAC5選択性阻害剤で、IC50値が11.9 nM と 4.2 nMに分かれます。

S7473

Nexturastat A

Nexturastat Aは一種の有効的で、選択性的なHDAC6阻害剤で、IC50値が5 nMになって、HDAC6に作用する選択性は他のHDACsに作用する選択性より190倍が高くなります。

S2341

(-)-Parthenolide

(-)-Parthenolideは一種のセスキテルペンラクトン(sesquiterpene lactone)ですが、植物feverfew (Tanacetum parthenium)に存在して、MDM2のユビキチン化(ubiquitination)を促進して、p53細胞の功能を作動させます。

S7596

CAY10603

CAY10603は一種の有効的で、選択性的なHDAC6阻害剤で、IC50値が2 pMになって、HDAC6に作用する選択性はHDACsに作用する選択性より200倍以上が高くなります。

S7555

4SC-202

4SC-202は一種の選択性I型HDAC阻害剤で、HDAC1、HDAC2とHDAC3に作用する時のIC50値が1.20 μM、1.12 μMと0.57 μMそれぞれに分かれて、Lysine specific demethylase 1 (LSD1)にも抑制活性を表します。臨床1期。

S7689

BG45

BG45は一種のI型HDAC阻害剤で、無細胞試験でHDAC3、HDAC1、HDAC2と HDAC6に作用する時のIC50値が289 nM、2.0 µM、2.2 µM と20 µM以上それぞれに分かれます。

製品コード 製品説明 文献中の使用例 お客様のフィードバック
S8323

ITSA-1 (ITSA1)

ITSA-1 (ITSA1)は1種の HDAC活性剤(TSAを抑圧することを通じる)ですが、他のHDAC阻害剤に活性を表れません。

Tags: HDAC inhibition | HDAC cancer | HDAC assay | histone deacetylase activity | HDAC inhibitors cancer | HDAC activity assay | HDAC activation | HDAC inhibitor mechanism | selective HDAC inhibitors | HDAC phosphorylation | HDAC inhibitor drugs | HDAC inhibitors in clinical trials | HDAC inhibitors list | HDAC inhibitor review