(-)-Menthol

製品コードS4714 別名:L-Menthol|Levomenthol|Menthomenthol|Menthacamphor

(-)-Menthol化学構造

分子量(MW):156.27

(-)-Menthol is a levo isomer of menthol and used as a cooling agent that strongly activates TRPM8.

サイズ 価格(税別)  
JPY 16102.00
JPY 49302.00

質量管理及び製品安全説明書

Opioid Receptor阻害剤の選択性比較

生物活性

製品説明 (-)-Menthol is a levo isomer of menthol and used as a cooling agent that strongly activates TRPM8.
体外試験

(-)-Menthol induces cytotoxicity against murine leukemia WEHI-3 cells in vitro in a dosedependent manner. (-)-Menthol inhibits the growth of rat liver epithelial tumor cells and acts as a potent chemopreventive agent during DMBA initiation of rat mammary tumors. (-)-menthol inhibits N-acetyltransferase activity. It also is found to inhibit the DNA topoisomerase I, II alpha and beta and to promote NF-kappaB expression in human gastric cancer SNU-5 cells. Additionally, (-)-menthol induces human promyelocytic leukemia HL-60 cell death through the Ca2+ release from the endoplasmic reticulum[1].

体内試験 The effects of (-)-menthol on WEHI-3 cells in vivo (BALB/c mice) were also examined, and it was observed that the Mac-3 and CD11b markers were decreased, indicating inhibition of differentiation of the precursor of macrophage and granulocyte. The weights of liver and spleen samples from mice treated with (-)-menthol were found to be decreased compared to untreated animals. (-)-Menthol has been shown to be toxic in animals, but in humans, it is considered to be safe, with a small cardio-accelerating effect. At high doses (-)-menthol may exert a depressant effect on the central nervous system in rodents. (-)-menthol statistically decreases the weights of the liver and spleen in the examined animals and also decreases the percentage of MAC-3 and CD11b cells in the blood.[1].

お薦めの試験操作(参考用のみ)

細胞試験:

[1]

+ 展開
  • 細胞株: Murine leukemia cell line (WEHI-3)
  • 濃度: 0, 25, 50, 75 and 100 μM
  • 反応時間: 24 h
  • 実験の流れ:

    Approximately 2x105 cells (WEHI-3) are incubated in 12-well plates containing medium for 24 h without (control) or with various concentrations (0, 25, 50, 75 and 100 μM) of (-)-menthol. The cells are harvested and washed with PBS before PI staining. The percentage of viable WEHI-3 cells is determined by trypan blue exclusion and flow cytometry.


    (参考用のみ)
動物試験:

[1]

+ 展開
  • 動物モデル: Male BALB/c mice
  • 製剤: olive oil
  • 投薬量: 1 mg/kg or 10 mg/kg
  • 投与方法: Oral administration
    (参考用のみ)

溶解度 (25°C)

体外 DMSO 31 mg/mL (198.37 mM)
Ethanol 31 mg/mL (198.37 mM)
Water 16 mg/mL (102.38 mM)

* 溶解度測定はSelleck技術部門によって行われており、その他文献に示されている溶解度と差異がある可能性がありますが、同一ロットの生産工程で起きる正常な現象ですからご安心ください。

化学情報

分子量 156.27
化学式

C10H20O

CAS No. 2216-51-5
保管
in solvent
別名 L-Menthol|Levomenthol|Menthomenthol|Menthacamphor

便利ツール

モル濃度計算器

モル濃度計算器

求めたい質量、体積または濃度を計算してください。

質量 (g) = 濃度 (mol/L) x 体積 (L) x 分子量 (g/mol)

モル濃度計算器方程式

  • 質量
    濃度
    体積
    分子量

*貯蔵液を準備するとき、常に、オンであるとわかる製品のバッチに特有の分子量を使って、を通してラベルとMSDS/COA(製品ページで利用可能な)。

希釈計算器

希釈計算器

貯蔵液を準備するために必要な希釈率を計算してください。Selleck希釈計算器は、以下の方程式に基づきます:

開始濃度 x 開始体積 = 最終濃度 x 最終体積

希釈の計算式

この方程式は、一般に略語を使われます:C1V1 = C2V2 ( 入力 出力 )

  • C1
    V1
    C2
    V2

常に貯蔵液を準備するとき、小びんラベルとMSDS/COA(オンラインで利用できる)で見つかる製品のバッチに特有の分子量を使ってください。

連続希釈計算器方程式

  • 連続希釈剤

  • 計算結果

  • C1=C0/X C1: LOG(C1):
    C2=C1/X C2: LOG(C2):
    C3=C2/X C3: LOG(C3):
    C4=C3/X C4: LOG(C4):
    C5=C4/X C5: LOG(C5):
    C6=C5/X C6: LOG(C6):
    C7=C6/X C7: LOG(C7):
    C8=C7/X C8: LOG(C8):
分子量計算器

分子量计算器

そのモル質量と元素組成を計算するために、合成物の化学式を入力してください:

総分子量:g/mol

チップス: 化学式は大文字と小文字の区別ができます。C10H16N2O2 c10h16n2o2

モル濃度計算器

質量 濃度 体積 分子量

臨床試験

NCT Number Recruitment Conditions Sponsor/Collaborators Start Date Phases
NCT03132142 Recruiting Pain|Pruritus|Neuropathic Pain|Dermatology/Skin - Other Aalborg University April 2017 Not Applicable
NCT03132142 Recruiting Pain|Pruritus|Neuropathic Pain|Dermatology/Skin - Other Aalborg University April 2017 Not Applicable
NCT02653703 Completed Inflammation|Pruritus|Hyperalgesia Aalborg University October 2014 Not Applicable
NCT02653703 Completed Inflammation|Pruritus|Hyperalgesia Aalborg University October 2014 Not Applicable

技術サポート

ストックの作り方、阻害剤の保管方法、細胞実験や動物実験の際に注意すべき点など、製品を取扱う時に問い合わせが多かった質問に対しては取扱説明書でお答えしています。

Handling Instructions

他に質問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

  • * 必須

Opioid Receptorシグナル伝達経路

相関Opioid Receptor製品

Tags: (-)-Mentholを買う | (-)-Menthol ic50 | (-)-Menthol供給者 | (-)-Mentholを購入する | (-)-Menthol費用 | (-)-Menthol生産者 | オーダー(-)-Menthol | (-)-Menthol化学構造 | (-)-Menthol分子量 | (-)-Menthol代理店
×

大阪市内で「G20サミット」が開催されることに伴い、大阪府内で大規模な交通規制が行われる影響で、6月26日(水)から7月1日(月)までの間、下記地域へ出荷が行えなくなります。
対象地域
大阪府(全域)、兵庫県(芦屋市、尼崎市、伊丹市、西宮市)
上記地域より西の地域につきましては納期の遅延が予想されます。
また、国際便も遅延が予想されているため国内在庫がない製品の納期が一週間程度遅れる可能性がございます。
ご不便をおかけいたしますが、宜しくお願い申し上げます。

×
細胞株 試験類型 濃度 培養時間 溶剤類型 活性叙述 PMID