Trimebutine

製品コードS2085 別名:Mebutin

Trimebutine化学構造

分子量(MW):387.47

Trimebutine is an agonist of peripheral mu, kappa and delta opiate receptors, used as spasmolytic agent for treatment of both acute and chronic abdominal pain.

サイズ 価格(税別)  
JPY 21580.00
JPY 16102.00

製品安全説明書

Opioid Receptor阻害剤の選択性比較

生物活性

製品説明 Trimebutine is an agonist of peripheral mu, kappa and delta opiate receptors, used as spasmolytic agent for treatment of both acute and chronic abdominal pain.
ターゲット
μ-opiate receptor [1] kappa-opiate receptor [1] delta-opiate receptor [1]

お薦めの試験操作(参考用のみ)

溶解度 (25°C)

体外 DMSO 50 mg/mL (129.04 mM)
Water Insoluble
Ethanol Insoluble

* 溶解度測定はSelleck技術部門によって行われており、その他文献に示されている溶解度と差異がある可能性がありますが、同一ロットの生産工程で起きる正常な現象ですからご安心ください。

化学情報

分子量 387.47
化学式

C22H29NO5

CAS No. 39133-31-8
保管
in solvent
別名 Mebutin

便利ツール

モル濃度計算器

モル濃度計算器

求めたい質量、体積または濃度を計算してください。

質量 (g) = 濃度 (mol/L) x 体積 (L) x 分子量 (g/mol)

モル濃度計算器方程式

  • 質量
    濃度
    体積
    分子量

*貯蔵液を準備するとき、常に、オンであるとわかる製品のバッチに特有の分子量を使って、を通してラベルとMSDS/COA(製品ページで利用可能な)。

希釈計算器

希釈計算器

貯蔵液を準備するために必要な希釈率を計算してください。Selleck希釈計算器は、以下の方程式に基づきます:

開始濃度 x 開始体積 = 最終濃度 x 最終体積

希釈の計算式

この方程式は、一般に略語を使われます:C1V1 = C2V2 ( 入力 出力 )

  • C1
    V1
    C2
    V2

常に貯蔵液を準備するとき、小びんラベルとMSDS/COA(オンラインで利用できる)で見つかる製品のバッチに特有の分子量を使ってください。

連続希釈計算器方程式

  • 連続希釈剤

  • 計算結果

  • C1=C0/X C1: LOG(C1):
    C2=C1/X C2: LOG(C2):
    C3=C2/X C3: LOG(C3):
    C4=C3/X C4: LOG(C4):
    C5=C4/X C5: LOG(C5):
    C6=C5/X C6: LOG(C6):
    C7=C6/X C7: LOG(C7):
    C8=C7/X C8: LOG(C8):
分子量計算器

分子量计算器

そのモル質量と元素組成を計算するために、合成物の化学式を入力してください:

総分子量:g/mol

チップス: 化学式は大文字と小文字の区別ができます。C10H16N2O2 c10h16n2o2

モル濃度計算器

質量 濃度 体積 分子量

臨床試験

NCT Number Recruitment Conditions Sponsor/Collaborators Start Date Phases
NCT03359499 Completed Irritable Bowel Syndrome Hospital Britanico August 12 2017 Phase 2|Phase 3
NCT03036111 Suspended Hemorrhoids Mansoura University February 1 2017 Not Applicable
NCT02986685 Unknown status Refractory Reflux Esophagitis Xijing Hospital of Digestive Diseases|Ankang City Central Hospital|Shaanxi Provincial People''s Hospital|Baoji Central Hospital|Hanzhong Central Hospital November 2016 Phase 4
NCT01984931 Unknown status Nausea|Vomiting CM Chungmu Hospital|Korea United Pharm. Inc. October 2013 Phase 3
NCT01507922 Completed Irritable Bowel Syndrome Bukwang Pharmaceutical December 2011 Phase 4

技術サポート

ストックの作り方、阻害剤の保管方法、細胞実験や動物実験の際に注意すべき点など、製品を取扱う時に問い合わせが多かった質問に対しては取扱説明書でお答えしています。

Handling Instructions

他に質問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

  • * 必須

Opioid Receptorシグナル伝達経路

相関Opioid Receptor製品

Tags: Trimebutineを買う | Trimebutine ic50 | Trimebutine供給者 | Trimebutineを購入する | Trimebutine費用 | Trimebutine生産者 | オーダーTrimebutine | Trimebutine化学構造 | Trimebutine分子量 | Trimebutine代理店
×
細胞株 試験類型 濃度 培養時間 溶剤類型 活性叙述 PMID