Latrepirdine 2HCl

製品コードS1245

Latrepirdine 2HCl化学構造

分子量(MW):392.37

Latrepirdine is an orally active,and neuroactive antagonist of multiple drug targets, including histamine receptors, GluR, and 5-HT receptors, used as an antihistamine drug.

サイズ 価格(税別)  
JPY 19422.00
JPY 65902.00
JPY 132302.00

製品安全説明書

GluR阻害剤の選択性比較

生物活性

製品説明 Latrepirdine is an orally active,and neuroactive antagonist of multiple drug targets, including histamine receptors, GluR, and 5-HT receptors, used as an antihistamine drug.
ターゲット
GluR [2] Histamine receptor [2] 5-HT [2]
体外試験

Latrepirdine increases succinate dehydrogenase activity (MTT-assay), mitochondrial membrane potential (DeltaPsim), and cellular ATP levels in primary mouse cortical neurons and human neuroblastoma cells (SH-SY5Y). Latrepirdine enhances mitochondrial function both in the absence and presence of stress and Dimebon-treated cells are partially protected to maintain cell viability. [1] Latrepirdine leads to enhanced mTOR- and Atg5-dependent autophagy in cultured mammalian cells. [2] latrepirdine stimulates MTOR- and ATG5-dependent autophagy, leading to the reduction of intracellular levels of APP metabolites, including Aβ in cultured cells. [3] Latrepirdine stimulates the degradation of α-syn in differentiated SH-SY5Y neurons, and in mouse brain following chronic administration, in parallel with elevation of the levels of markers of autophagic activity. [4] Latrepirdine increases intracellular ATP levels and glucose transporter 3 translocation to the plasma membrane in primary neuron. [5]

体内試験 Latrepirdine treatment of TgCRND8 transgenic mice is associated with improved learning behavior and with a reduction in accumulation of Aβ42 and α-synuclein. [2] Latrepirdine administration results in increased levels of the biomarkers thought to correlate with autophagy activation in the brains of TgCRND8 (APP K670M, N671L, V717F) or wild-type mice, and that treatment is associated with abrogation of behavioral deficit, reduction in Aβ neuropathology, and prevention of autophagic failure among TgCRND8 mice. [3]

お薦めの試験操作(参考用のみ)

溶解度 (25°C)

体外 DMSO 24 mg/mL (61.16 mM)
Ethanol 13 mg/mL (33.13 mM)
Water Insoluble

* 溶解度測定はSelleck技術部門によって行われており、その他文献に示されている溶解度と差異がある可能性がありますが、同一ロットの生産工程で起きる正常な現象ですからご安心ください。

化学情報

分子量 392.37
化学式

C21H25N3.2HCl

CAS No. 97657-92-6
保管
in solvent
別名 N/A

便利ツール

モル濃度計算器

モル濃度計算器

求めたい質量、体積または濃度を計算してください。

質量 (g) = 濃度 (mol/L) x 体積 (L) x 分子量 (g/mol)

モル濃度計算器方程式

  • 質量
    濃度
    体積
    分子量

*貯蔵液を準備するとき、常に、オンであるとわかる製品のバッチに特有の分子量を使って、を通してラベルとMSDS/COA(製品ページで利用可能な)。

希釈計算器

希釈計算器

貯蔵液を準備するために必要な希釈率を計算してください。Selleck希釈計算器は、以下の方程式に基づきます:

開始濃度 x 開始体積 = 最終濃度 x 最終体積

希釈の計算式

この方程式は、一般に略語を使われます:C1V1 = C2V2 ( 入力 出力 )

  • C1
    V1
    C2
    V2

常に貯蔵液を準備するとき、小びんラベルとMSDS/COA(オンラインで利用できる)で見つかる製品のバッチに特有の分子量を使ってください。

連続希釈計算器方程式

  • 連続希釈剤

  • 計算結果

  • C1=C0/X C1: LOG(C1):
    C2=C1/X C2: LOG(C2):
    C3=C2/X C3: LOG(C3):
    C4=C3/X C4: LOG(C4):
    C5=C4/X C5: LOG(C5):
    C6=C5/X C6: LOG(C6):
    C7=C6/X C7: LOG(C7):
    C8=C7/X C8: LOG(C8):
分子量計算器

分子量计算器

そのモル質量と元素組成を計算するために、合成物の化学式を入力してください:

総分子量:g/mol

チップス: 化学式は大文字と小文字の区別ができます。C10H16N2O2 c10h16n2o2

モル濃度計算器

質量 濃度 体積 分子量

臨床試験

NCT Number Recruitment Conditions Sponsor/Collaborators Start Date Phases
NCT01085266 Terminated Huntington Disease Medivation Inc.|Pfizer February 2010 Phase 3
NCT01085266 Terminated Huntington Disease Medivation Inc.|Pfizer February 2010 Phase 3
NCT00954590 Terminated Moderate to Severe Alzheimer Medivation Inc.|Pfizer October 2009 Phase 3
NCT00954590 Terminated Moderate to Severe Alzheimer Medivation Inc.|Pfizer October 2009 Phase 3

技術サポート

ストックの作り方、阻害剤の保管方法、細胞実験や動物実験の際に注意すべき点など、製品を取扱う時に問い合わせが多かった質問に対しては取扱説明書でお答えしています。

Handling Instructions

他に質問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

  • * 必須

GluRシグナル伝達経路

相関GluR製品

Tags: Latrepirdine 2HClを買う | Latrepirdine 2HCl ic50 | Latrepirdine 2HCl供給者 | Latrepirdine 2HClを購入する | Latrepirdine 2HCl費用 | Latrepirdine 2HCl生産者 | オーダーLatrepirdine 2HCl | Latrepirdine 2HCl化学構造 | Latrepirdine 2HCl分子量 | Latrepirdine 2HCl代理店
×

大阪市内で「G20サミット」が開催されることに伴い、大阪府内で大規模な交通規制が行われる影響で、6月26日(水)から7月1日(月)までの間、下記地域へ出荷が行えなくなります。
対象地域
大阪府(全域)、兵庫県(芦屋市、尼崎市、伊丹市、西宮市)
上記地域より西の地域につきましては納期の遅延が予想されます。
また、国際便も遅延が予想されているため国内在庫がない製品の納期が一週間程度遅れる可能性がございます。
ご不便をおかけいたしますが、宜しくお願い申し上げます。

×
細胞株 試験類型 濃度 培養時間 溶剤類型 活性叙述 PMID